スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2009.11.05(木)

移植予定日 !? 

ぽん アップロードファイル のはじめての移植当日のことを
書きたいと思います。

jumee☆mark3a この前のお話 受精&分割確認 は、こちらデス。


2日前にした2本の注射 tyusya と薬 カプセル で、
体調が アップロードファイル になっていた、ぽん。

おなかはさらに張るばかりで、苦しいし。 パンダ汗
心臓が時々痛かったり。
息苦しさもありました。 かお

移植当日、関東地方は台風上陸 アップロードファイル でした。
電車 電車 もとまっていました。
ぽんは車 手書き風シリーズ42車 で通院してるので、大丈夫。

でも。
だぁ~ アップロードファイル が午前中会社をおやすみしてくれて、
病院 病院 に送ってくれました。

台風 アップロードファイル のため、風 風 が強かったので、ゆっくり運転で。
高速は特に気をつけないと、横風で横転しちゃう~。


病院 病院 に無事に着きました。
いつもと違い、空いてました。
きっと電車 電車 がとまっているせいでしょうね。

尿をためなくてはいけないので、
1時間以上トイレに行くのを我慢してました。
おなかが張って辛いうえに、尿をためるのは大変でした。

看護師さん アップロードファイル に呼ばれ、最初に採血 注射器 を。

アップロードファイル : 「台風のなかよくこれましたね。大丈夫でしたか?」

アップロードファイル : 「車で送ってもらいました。」

アップロードファイル : 「よかったですね~。」

ちょっと気になり、質問しちゃいました。
アップロードファイル : 「おなかの張りっていつまで続くんでしょうか?」

アップロードファイル : 「…。ちょっと待ってください。 焦る3

部屋から出て行こうとしました。
どうしたんだろ。。

アップロードファイル : 「あっ。息苦しさとかはありますか?」

アップロードファイル : 「はい。」

そのまま部屋を出て行きました。
院長先生 医者 に聞きに行ったようです。

そのあと、採血は中断。
先に内診をすることになりました。

医者 が超音波で診てくれました。

卵巣の大きさを確認していたようですが、
何cmかは覚えていません。

医者 : 「ん~。今回はやめたほうがいいですね。」

アップロードファイル : 「え!?

診察室で詳しく説明してくれました。

医者 : 「人によって感じ方が違うけど、気になるならやめたほうがいい。」
   
アップロードファイル : 「先生、我慢できます。困り顔

医者 : 「移植するともっとおなか張るからね。やめましょう。」

アップロードファイル : 「…。」

ショックすぎて何も言えなくなっちゃいました。 がっくり

医者 : 「とりあえず、胚盤胞2個凍結しますから。」

たまごちゃんたち ひよこ のグレードは、
1つは4BB、もう1つは3BBだそうです。

医者 : 「もしかしたら、もう1個凍結できるかもしれないよ。」

医者 : 「ルトラールは服用をやめてくださいね。」

医者 : 「次は5日後に診察に来てください。」

アップロードファイル : 「先生、移植は来月になるんですか !?

医者 : 「2ヵ月後だね。」

アップロードファイル: 「え。。」

ガーン。。 がっくり アップロードファイル

またまたショック。 ガーン

待合室へ戻り、だんなさま アップロードファイル に報告を。

アップロードファイル : 「どうしたの !?

顔を見て泣きそうになりました。
アップロードファイル : 「移植中止になっちゃった~。 えーん

アップロードファイル : 「おなか張ってるからやめたほうがいいって。 えーん

アップロードファイル : 「仕方ないじゃん。気持ち悪いんでしょ !?

アップロードファイル : 「…。 えーん

アップロードファイル : 「体調がいいときにやってもらった方がいいよ。」

なぐさめてくれました。

会計 アップロードファイル を済ませて、帰りました。

*本日の会計*
絵文字名を入力してください 余剰胚凍結料 52,500円
絵文字名を入力してください 顕微受精追加料金 52,500円
絵文字名を入力してください 移植キャンセル -73,500円

合計 31,500円で済みました。 出費


移植が2ヶ月後 ;
すごい先のような気がしました。
卵巣をやすめるために期間を空けるそうです。
胚盤胞2or3個。
残りの受精卵は胚盤胞まで育たなかった [記号]「×」*青(暗い背景用) †SbWebs† そうです。


帰宅して、落ち込みました。 パンダ涙
移植延期。ショックすぎぃ。

でも、今、冷静に考えると、
あのとき移植をやめておいてよかったと思います。

本当におなかの張りと息苦しさがMAX まっくす 絵文字名を入力してください で。 あぁ…
おなかが、妊婦さんなみにポコっと出てました。

おそらく、卵巣過剰刺激症候群(OHSS) !?
軽症、中等症、重症とあるようですが。
ぽんは、軽症だったのカナ。。
(わかりましぇん。)

検索魔ぽん アップロードファイル 登場。
インターネット PC で色々調べてみました。

移植するとさらにおなかの張りはひどくなるので、
無理して移植はしない方がいいとありました。

無理して移植したとしても、
入院 病院 する場合などあるそうです。

ひどい場合だと、
呼吸困難、肺水腫、血栓症、
脳梗塞、卵巣破裂、卵巣茎捻転になるそうです。 ;

こわいですよね。。顔-ガーン
妊娠が成立したとしても、
卵巣過剰刺激症候群は悪化してしまうそうです。

移植を延期したぽんのおなかの張りは
日に日に楽になっていきました。 手書き風シリーズ26ピース

5日後に病院 病院 へ。

内診で、卵巣がしぼんできていることが
確認できました。

1つだけGOODニュース アップロードファイル

医者 : 「胚盤胞もう1個凍結できたから。」

アップロードファイル : 「ホントですか !? ありがとうございます !!

ずっと落ち込んでいましたが。。
これを聞いてちょっと元気になりました。 きゃー

アップロードファイル : 「生理はいつくるんですか ?

医者 : 「採卵から2週間くらいでくるよ。」

医者 : 「…多分10月の15~17日くらいかなぁ。」

医者 : 「生理きたら、5日目以内に来院してね。」


その翌日、生理 血 がきちゃいました。
はやっ。 びっくり

採卵後の生理は早めにくるとは聞いてましたが。
本当に早いんですね~。

結局、移植は延期になり、
現在はプラノバール服用中デス はーと
( また次の生理は中々こない !? そうなので。。 困り顔 汗あせ


長々読んでいただきまして、
ありがとうです。パンダ



ポチっとお願いいたします アップロードファイル



にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
スレッドテーマ:不妊治療 ジャンル:結婚・家庭生活
│posted at 12:43:27│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

ぽん

Author:ぽん
旦那サマと2人暮らし 情熱ハート
  アップロードファイルアップロードファイル
東京都(郊外)在住 家
2006年11月入籍、
 2007年1月挙式 ウエディング
旦那サマの海外出張を機に、
 2007年8月末仕事を辞める。
2008年1月からベビまち♪ ハート

2008年4月
 近所の産婦人科で検査 病院
  *超音波検査*
  *血液検査*
  *子宮頚がん検査*
  *子宮頚部細胞診*
  *クラミジア*
  *卵管通気検査*
  *精液検査* … など
 →結果:問題なし

2008年5~6月タイミング指導
 → ×印
2008年7月
 はじめての AIH(人工授精)
2008年8月
 2回目のAIH(人工授精)で
  妊娠 [記号]「○」*赤(白-薄い背景用) †SbWebs†  検査薬
2008年9月
 稽留流産 うるうる
 →8w0d
   隣市の病院で、
   子宮内容物除去手術 病院
   (掻爬手術)
2008年12月~2009年7月
 同病院にて
  タイミング指導2回、AIH5回
 → ×印

2009年8月
 不妊専門病院へ転院
 →体外受精へ向けて
   カウフマン療法 開始
2009年9月
 体外受精 Short法開始
2009年10月
 採卵 ひよこ
 → 体外受精5個
 → 顕微受精6個
2009年10月
 卵巣過剰刺激症候群 !?
  により移植延期 ガーン
2009年12月
 ・はじめての胚盤胞移植
 ・判定日
  →子宮外妊娠or異常妊娠
 ・大学病院へ転院
  →即入院&手術
    腹腔鏡手術&掻爬手術

2010年1月
 ・再掻爬手術
 ・退院
 ・退院後、初診察
  →HCG値下がる
2010年2月
 治療再開
2010年3月
 ・胚盤胞移植(2回目)
 ・判定日
  →陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w1d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
  →不育症の疑い
2010年4月
 10w5d 掻爬手術
2010年6月
 ・(一般的な)不育症検査
  →問題なし
 ・大学病院での不育症検査
  →結果
  ※血液凝固異常(プロテインS抗原)
    基準値以下
2010年7月
 凍結胚移植予定→延期
2010年9月
 ・HRT-胚盤胞移植(3回目)
 ・判定日→陰性×印
2010年10月
 採卵(2回目)へ向けて
     カウフマン療法開始
2010年11月
 体外(顕微)受精へむけて
         Short法開始
2010年12月
 ・採卵 ひよこ 7個
 → 2個未成熟卵
 → 顕微受精5個
 → 胚盤胞2個凍結
 ※プロゲステロン値が高いため
   移植延期
 ・卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
  (卵巣の腫れ・腹水)
2011年1月
 HRT-胚盤胞移植(4回目)
2011年2月
 ・判定日→陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w3d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
 ・弱めの心拍確認(7w2d)
2011年3月
 ・心拍停止を確認
  (8w2d・稽留流産確定)
 ・出血(8w5d)

 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム

 
最新トラックバック
カウンター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。