FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2010.12.29(水)

今年最後の鍼灸院&まとめ

こんにちはっ、ぽんデス アップロードファイル


今日は風邪が冷たかったですね~。
実家帰省準備でバタバタですっ。


先週、今年最後の鍼灸院へ行ってきました。
思い返せば、採卵2ヶ月前くらいから鍼灸通院を決意し。
採卵前に8回、採卵後2回、合計10回通院しました。


最初は毎回こわかったけれど
徐々に慣れ・・・なかった。
途中で太い針がなくなって、ちょっとずつ恐怖もなくなりました。


アップロードファイル の場合、毎回背中と腰はかたいせいか
1回は必ず痛い針があったけれど。
以前ほどの恐怖感はなくなりました。


採卵前の時は連日の誘発注射のせいで
何もしていないのにからだのあちこちが痛くて辛かったけれど。
鍼灸に通った日は、その痛みがちょっと和らぎました。


今年最後の鍼灸。
プラノバールを飲んでいるせいか、やっぱりからだのあちこちが
ちょっとずつ痛かったので、そのことを先生に伝えました。


いつものようにあおむけ。
痛かったのは、おなかと手首。
足の三陰交のお灸は気持ちよかった~。。。


うつぶせは・・・やっぱりこわい。
腰、また痛いんだろうな。


肩や首のこりもひどいので
痛み(ひびき)はあるものの、我慢できる程度でした。
腰と背中はやっぱりいつもの箇所が痛かったので声がでちゃいましたが。


先生にも「やっぱり腰と背中かたいね~。」と言っていました。


施術中にこの前あげたフリーペーパーの最新版に
子宮をあたためるといいよって書いてあったから。
帰りにあげるねと言われました。



フリーペーパーなんてもらったことないけど。
何の話だろう・・・と思いました。


帰る時に・・・
「ジネコ」を渡されました。


アップロードファイル :「あっ。登録して定期購読しているのでいいです。」と
丁重に断りました。
先生、ありがと~。


鍼灸院に通いはじめて、
まだ移植もしていないのでたまごちゃんの質がよくなったかどうかはわかりません。
でもからだの痛みは和らいだだけでも、よかったなと思ってます。

来年も鍼灸通院がんばりま~すっ。
ファイトッ。アップロードファイル くるっぽー


みなさまにとってHAPPYな毎日でありますように…
すべての赤ちゃん待ちの人にかわいい赤ちゃんが授かりますように…
ポチっ…っとお願いします。 アップロードファイル
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
スレッドテーマ:不妊治療 ジャンル:結婚・家庭生活
│posted at 15:59:22│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

ぽん

Author:ぽん
旦那サマと2人暮らし 情熱ハート
  アップロードファイルアップロードファイル
東京都(郊外)在住 家
2006年11月入籍、
 2007年1月挙式 ウエディング
旦那サマの海外出張を機に、
 2007年8月末仕事を辞める。
2008年1月からベビまち♪ ハート

2008年4月
 近所の産婦人科で検査 病院
  *超音波検査*
  *血液検査*
  *子宮頚がん検査*
  *子宮頚部細胞診*
  *クラミジア*
  *卵管通気検査*
  *精液検査* … など
 →結果:問題なし

2008年5~6月タイミング指導
 → ×印
2008年7月
 はじめての AIH(人工授精)
2008年8月
 2回目のAIH(人工授精)で
  妊娠 [記号]「○」*赤(白-薄い背景用) †SbWebs†  検査薬
2008年9月
 稽留流産 うるうる
 →8w0d
   隣市の病院で、
   子宮内容物除去手術 病院
   (掻爬手術)
2008年12月~2009年7月
 同病院にて
  タイミング指導2回、AIH5回
 → ×印

2009年8月
 不妊専門病院へ転院
 →体外受精へ向けて
   カウフマン療法 開始
2009年9月
 体外受精 Short法開始
2009年10月
 採卵 ひよこ
 → 体外受精5個
 → 顕微受精6個
2009年10月
 卵巣過剰刺激症候群 !?
  により移植延期 ガーン
2009年12月
 ・はじめての胚盤胞移植
 ・判定日
  →子宮外妊娠or異常妊娠
 ・大学病院へ転院
  →即入院&手術
    腹腔鏡手術&掻爬手術

2010年1月
 ・再掻爬手術
 ・退院
 ・退院後、初診察
  →HCG値下がる
2010年2月
 治療再開
2010年3月
 ・胚盤胞移植(2回目)
 ・判定日
  →陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w1d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
  →不育症の疑い
2010年4月
 10w5d 掻爬手術
2010年6月
 ・(一般的な)不育症検査
  →問題なし
 ・大学病院での不育症検査
  →結果
  ※血液凝固異常(プロテインS抗原)
    基準値以下
2010年7月
 凍結胚移植予定→延期
2010年9月
 ・HRT-胚盤胞移植(3回目)
 ・判定日→陰性×印
2010年10月
 採卵(2回目)へ向けて
     カウフマン療法開始
2010年11月
 体外(顕微)受精へむけて
         Short法開始
2010年12月
 ・採卵 ひよこ 7個
 → 2個未成熟卵
 → 顕微受精5個
 → 胚盤胞2個凍結
 ※プロゲステロン値が高いため
   移植延期
 ・卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
  (卵巣の腫れ・腹水)
2011年1月
 HRT-胚盤胞移植(4回目)
2011年2月
 ・判定日→陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w3d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
 ・弱めの心拍確認(7w2d)
2011年3月
 ・心拍停止を確認
  (8w2d・稽留流産確定)
 ・出血(8w5d)

 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム

 
最新トラックバック
カウンター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。