FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2010.11.16(火)

AMH値の結果と…採卵周期始動っ!のつづき

こんにちはっ、ぽんデス アップロードファイル


※前回の記事、「AMH値の結果と…採卵周期始動っ!」のつづきです。


AMH値の結果を聞いたあと、
:「次は内診でみます。」と言いました。
ということで、内診。
生理中の内診は苦手
やっぱり院長先生 の内診ではなく、女医 さんでした。
本当なら の方がよかったんだけどな~。
忙しいから仕方ないのかな。


以前、内診で がみてくれたんですが。
内診が終わり、着替え終わって待っていたらまた内診室へ呼ばれました。
の内診でやりなおしでした。
結局、院長先生 がみないとわからないこともあるんだな~とそのとき実感しました。
ただ、何度も着替えて内診は面倒だけれど。
が見てくれるんだったらあまり気にならなかったな~。



内診で、またチョコ(嚢腫)のこと言われるんだろうな。。

:「内膜症、両方にありますね~。」

内膜症&チョコのことだと思います。

:「一部ですし、大きさも2cmくらいなので大丈夫です。」

大丈夫なら・・・あまり気にしない方がいいかな。
考えるとストレスになっちゃぃそぅ。
その後、右○、左○って数字を言っていたけれど意味がよくわかりませんでした。


内診後、採血を小さめの試験管4本ほど、採りました。
さんの腕がよかったせいか、痛みがほとんどなくてよかったです。


採血の結果がでるのに、40分待ちました。
その間にどんどん患者さんが増えていました。
まだ座る場所はあったけれど。やっぱり月曜日は混むんだな~。
あと久々の病院で気がついたのは、 さんがかわっていたこと。
そして、トイレなどに「基礎体温表を必ず持参してください。」と貼り紙があったこと。
色んな方のブログをみて、 さんがかわったのは何となく知っていました。


内診で待っていたとき、他の方が
:「基礎体温表は?」と聞かれていました。
もってきていなかったみたいで、もしかしたらその後 さんが先生に指摘されちゃったため、貼り紙をしたのかな~って。
勝手な想像ですが。
事務の方がそのあと、貼り紙をしていました。


一応、 アップロードファイル は基礎体温表は今まできちんともってきていました。
でも昨日はもっていなかったよ~(笑)
一度も「見せてください。」と言われたことなかったな~。
基礎体温が「上がった?」とか「下がった?」とか聞かれるけれどね。


カウフマン療法中は基礎体温のことは忘れたかったので、測っていませんでした。
薬が飲み終わる頃に測定を再開しました。


採血の結果が出たみたいで、診察室へ呼ばれました。

:「採血の結果(ホルモンなど)は、問題ないですよ~。」

よかった~
細かい数値はわかりませんでしたが、問題がないのなら聞かなくてもいいかな~。

:「誘発は前回の採卵のときと同じようなカンジでいきますね。」

アップロードファイル :「はいっ。お願いします。」

それからまたしばらく受付の方で待ちました。
激混みでした
先生、大変にょ~~~

結構待ちました。
さんにやっと名前を呼ばれ、点鼻薬と注射のスケジュール表をもらいました。


お会計はこんなカンジでした。
再診料1,050円 
点鼻薬8,400円 
血液検査9,030円 
採卵検査(感染症・梅毒など)7,350円 
合 計
25,830円 

諭吉が消えるのはあっという間っ・・・。

さっ
充電期間も十分。いよいよ、採卵周期始動デス

がんばるど~っ。 お~っ。
アップロードファイル くるっぽー

みなさまにとってHAPPYな毎日でありますように…
すべての赤ちゃん待ちの人にかわいい赤ちゃんが授かりますように…
ポチっ…っとお願いします。 アップロードファイル
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
スレッドテーマ:不妊治療 ジャンル:結婚・家庭生活
│posted at 18:25:19│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

ぽん

Author:ぽん
旦那サマと2人暮らし 情熱ハート
  アップロードファイルアップロードファイル
東京都(郊外)在住 家
2006年11月入籍、
 2007年1月挙式 ウエディング
旦那サマの海外出張を機に、
 2007年8月末仕事を辞める。
2008年1月からベビまち♪ ハート

2008年4月
 近所の産婦人科で検査 病院
  *超音波検査*
  *血液検査*
  *子宮頚がん検査*
  *子宮頚部細胞診*
  *クラミジア*
  *卵管通気検査*
  *精液検査* … など
 →結果:問題なし

2008年5~6月タイミング指導
 → ×印
2008年7月
 はじめての AIH(人工授精)
2008年8月
 2回目のAIH(人工授精)で
  妊娠 [記号]「○」*赤(白-薄い背景用) †SbWebs†  検査薬
2008年9月
 稽留流産 うるうる
 →8w0d
   隣市の病院で、
   子宮内容物除去手術 病院
   (掻爬手術)
2008年12月~2009年7月
 同病院にて
  タイミング指導2回、AIH5回
 → ×印

2009年8月
 不妊専門病院へ転院
 →体外受精へ向けて
   カウフマン療法 開始
2009年9月
 体外受精 Short法開始
2009年10月
 採卵 ひよこ
 → 体外受精5個
 → 顕微受精6個
2009年10月
 卵巣過剰刺激症候群 !?
  により移植延期 ガーン
2009年12月
 ・はじめての胚盤胞移植
 ・判定日
  →子宮外妊娠or異常妊娠
 ・大学病院へ転院
  →即入院&手術
    腹腔鏡手術&掻爬手術

2010年1月
 ・再掻爬手術
 ・退院
 ・退院後、初診察
  →HCG値下がる
2010年2月
 治療再開
2010年3月
 ・胚盤胞移植(2回目)
 ・判定日
  →陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w1d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
  →不育症の疑い
2010年4月
 10w5d 掻爬手術
2010年6月
 ・(一般的な)不育症検査
  →問題なし
 ・大学病院での不育症検査
  →結果
  ※血液凝固異常(プロテインS抗原)
    基準値以下
2010年7月
 凍結胚移植予定→延期
2010年9月
 ・HRT-胚盤胞移植(3回目)
 ・判定日→陰性×印
2010年10月
 採卵(2回目)へ向けて
     カウフマン療法開始
2010年11月
 体外(顕微)受精へむけて
         Short法開始
2010年12月
 ・採卵 ひよこ 7個
 → 2個未成熟卵
 → 顕微受精5個
 → 胚盤胞2個凍結
 ※プロゲステロン値が高いため
   移植延期
 ・卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
  (卵巣の腫れ・腹水)
2011年1月
 HRT-胚盤胞移植(4回目)
2011年2月
 ・判定日→陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w3d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
 ・弱めの心拍確認(7w2d)
2011年3月
 ・心拍停止を確認
  (8w2d・稽留流産確定)
 ・出血(8w5d)

 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム

 
最新トラックバック
カウンター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。