スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2009.11.02(月)

はじめての採卵 ~その壱~

ぽん アップロードファイル のはじめての採卵日 ひよこ のことについて、
書いてみます。

ぽんのはじめての採卵日は10/3(土)でした。
一人で心細かったし、
ちょうど土日休みのだんなさまに車 手書き風シリーズ42車 で送ってもらいました。

早めに着いちゃいました。
8:00に来院をと言われていたので、7:55頃、病院 病院 へ入りました。

朝から緊張で。 かお 大汗
いくつ採卵できるかな はてな とか、
麻酔効きすぎて具合悪くならないかな はてな  とか。。。

はじめての採卵ですから。
緊張は仕方がないですよね。 アップロードファイル

受付で、
○ 問診票
○ 採卵の承諾書
○ だんなさまの精子 おたまじゃくしを渡しました。

採卵が終わるまでは時間がかかるし、
病院は土曜なので混雑するので、
だんなさまは近所のマンガ喫茶 ティータイム で待つそう。
ここでしばしのお別れ。 手書き風シリーズ25手
だんなさま : 「がんばってね 手書き風ハート


ぽん アップロードファイル の病院 病院 では、
採卵は静脈麻酔をして行ないます。

以前、子宮内容物除去手術をしたとき、経験済みですが。
そのとき具合悪くなったので、すごく不安でした。 パンダ汗
その経験を、きちんと問診票に書いておきました。
問診票を見た看護師さん アップロードファイル
「麻酔に吐き気どめをいれておきますから。」と言ってくれたので、
ちょっと安心しました。


下着 パンツ など全てはずし、術着に着替えました。
そのあと、アップロードファイル さんが点滴をしてくれました。

手術室へ移動。
といっても、すぐそこ。
着替えをしていたベット さとと-ベッドのある部屋の隣でした。

手術室ってなんだかこわいですよね、雰囲気が。 ガーン
台にあがり、足など固定されました。

まず、膣洗浄…すごく痛かったです。
そのあと痛み止めの座薬が入りました。
これも痛かった。汗

左腕に自分の名前が入ったリストバンドと、血圧計、
右指に脈拍をとる機械、鼻には酸素チューブをつけられました。

リストバンドは卵子や精子の取り違え防止のため、
コンピュータと人とのダブルでチェックをするそうです。
(精子を入れる容器にも、ラベルがついてました。)

アップロードファイル : 「名前と生年月日を言ってください。」

アップロードファイル : 「ぽんです。○年○月○日生まれです。」

アップロードファイル : 「卵と豆のアレルギーはありませんか?」

アップロードファイル : 「ないです。」

培養士さんが来て、挨拶してくれました。
アップロードファイル : 「よろしくおねがいします。」
女性の方でした。

準備が整い、院長先生 医者 登場。
医者 : 「喘息やアレルギー、心臓疾患はないですね?」

アップロードファイル : 「大丈夫です。」

医者 : 「じゃあ、はじめますね。」

そのあと、麻酔ですぐ意識がなくなりました。Z

目が覚めると、吐き気もありませんでした。手書き風シリーズ26ピース
もう終わったんだ~。
多分10~15分くらいだったと思います。
本当に眠っている Z みたいでした。

自分で台を降りましたが、
まだ麻酔が効いいるせいか、フラフラしました。目が回る
アップロードファイル さんにベッド さとと-ベッド まで連れて行ってもらいました。

アップロードファイル : 「最初のトイレ トイレ は付き添いますから、ボタン 選択 を押してくださいね。」

横になり、時計をみたら、9時くらいでした。

一応、だんなさまに
採卵おわったことだけメール 手紙で伝えました。

徐々に子宮の痛みが出てきました。パンダ汗
足も冷たかったです。
眠いので、少し眠りました。。Z

点滴をしているせいか、トイレにすぐ行きたくなり、
10:15に アップロードファイル さんをボタン 選択 で呼びました。

一緒にトイレまで付き添ってくれました。
出血は少しだけだったので、安心しました。

戻ると、
アップロードファイル : 「水分沢山とってくださいね。
次からのトイレは一人で行って大丈夫ですよ。」

ベッド さとと-ベッド に、水 アイコン名を入力してください とジュース オレンジジュース が置いてありました。
のども渇いていたので、いただきました。

ぽんが寝ていた部屋には、
ベッドが2~3つありました。
広い部屋ではないので、ベッドをカーテンで囲って
個室っぽくなっていました。

隣りのベッドにも、ぽんの次に採卵した人が、寝ていたようです。
手術室に行くにはその部屋が通り道になっているようで、
アップロードファイル さんが行ったりきたりしていました。

多分AIHや移植の方が通ったり !?
出入りがはげしかったように思います。

水分を沢山とったら、
トイレ トイレ にまた行きたくなりました。

11:00頃、今度は一人でトイレ トイレ に。
点滴をつした台を、
自分で押しながら歩くのって、大変でした。

戻って、また眠ろうかなと思っていたとき、
アップロードファイル さんが点滴を交換してくれました。

点滴が終わり、起き上がってみたら、
自分の血 血 が途中まで点滴の管を上がっていったので、
あわてて アップロードファイル さんを呼び 選択 ました。

はずしてくれ、しばらく待つようにと指示があったので、
横になって待ちました。

12:20頃、
アップロードファイル : 「着替えていいですよ。」と
指示があったので、自分の洋服に着替えました。

もう一度トイレへ行き、
アップロードファイル さんを待ちました。

アップロードファイル : 「具合はわるくないですか?」

アップロードファイル : 「はい。大丈夫です。」

アップロードファイル : 「血圧測りますね。」

アップロードファイル : 「126・75、いいですね。」

アップロードファイル : 「じゃあ、内診室前で待っていてください。」

内診で卵巣の状態を診てくれるようです。

待っている間、
「卵ちゃんいくつ採れたのかな~。」など
色々考えてました。アップロードファイル

12:35内診室へ。
卵巣を診てくれました。

女医さん : 「左右ともに、卵巣きれいですね。」

今度は診察室前でしばし待つ。
今日の採卵結果と、今後の説明を
だんなさまと一緒に聞きたかったので、
だんなさまにメール メール しました。

すぐ病院 病院 に戻って来てくれるよう
お願いしました。


つづきは、次へ


ポチっとお願いいたします アップロードファイル

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
スレッドテーマ:不妊治療 ジャンル:結婚・家庭生活
│posted at 14:54:49│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

ぽん

Author:ぽん
旦那サマと2人暮らし 情熱ハート
  アップロードファイルアップロードファイル
東京都(郊外)在住 家
2006年11月入籍、
 2007年1月挙式 ウエディング
旦那サマの海外出張を機に、
 2007年8月末仕事を辞める。
2008年1月からベビまち♪ ハート

2008年4月
 近所の産婦人科で検査 病院
  *超音波検査*
  *血液検査*
  *子宮頚がん検査*
  *子宮頚部細胞診*
  *クラミジア*
  *卵管通気検査*
  *精液検査* … など
 →結果:問題なし

2008年5~6月タイミング指導
 → ×印
2008年7月
 はじめての AIH(人工授精)
2008年8月
 2回目のAIH(人工授精)で
  妊娠 [記号]「○」*赤(白-薄い背景用) †SbWebs†  検査薬
2008年9月
 稽留流産 うるうる
 →8w0d
   隣市の病院で、
   子宮内容物除去手術 病院
   (掻爬手術)
2008年12月~2009年7月
 同病院にて
  タイミング指導2回、AIH5回
 → ×印

2009年8月
 不妊専門病院へ転院
 →体外受精へ向けて
   カウフマン療法 開始
2009年9月
 体外受精 Short法開始
2009年10月
 採卵 ひよこ
 → 体外受精5個
 → 顕微受精6個
2009年10月
 卵巣過剰刺激症候群 !?
  により移植延期 ガーン
2009年12月
 ・はじめての胚盤胞移植
 ・判定日
  →子宮外妊娠or異常妊娠
 ・大学病院へ転院
  →即入院&手術
    腹腔鏡手術&掻爬手術

2010年1月
 ・再掻爬手術
 ・退院
 ・退院後、初診察
  →HCG値下がる
2010年2月
 治療再開
2010年3月
 ・胚盤胞移植(2回目)
 ・判定日
  →陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w1d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
  →不育症の疑い
2010年4月
 10w5d 掻爬手術
2010年6月
 ・(一般的な)不育症検査
  →問題なし
 ・大学病院での不育症検査
  →結果
  ※血液凝固異常(プロテインS抗原)
    基準値以下
2010年7月
 凍結胚移植予定→延期
2010年9月
 ・HRT-胚盤胞移植(3回目)
 ・判定日→陰性×印
2010年10月
 採卵(2回目)へ向けて
     カウフマン療法開始
2010年11月
 体外(顕微)受精へむけて
         Short法開始
2010年12月
 ・採卵 ひよこ 7個
 → 2個未成熟卵
 → 顕微受精5個
 → 胚盤胞2個凍結
 ※プロゲステロン値が高いため
   移植延期
 ・卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
  (卵巣の腫れ・腹水)
2011年1月
 HRT-胚盤胞移植(4回目)
2011年2月
 ・判定日→陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w3d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
 ・弱めの心拍確認(7w2d)
2011年3月
 ・心拍停止を確認
  (8w2d・稽留流産確定)
 ・出血(8w5d)

 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム

 
最新トラックバック
カウンター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。