スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2010.06.21(月)

不育症検査結果~項目の詳細~

こんにちはっ、ぽんデス アップロードファイル


先日、不育症の検査結果を聞きにいったときのことと
不育症の検査項目について書きたいと思います。


名前を呼ばれるまで緊張して待っていました。
特に何もなければいいけれど・・・。
無くても本当に異常がないのかなと疑問もありました。


:「結果は特に問題ないですね~。血液凝固も免疫も。ん~・・・2個よくない受精卵が続いたということでしょうから、次の受精卵は別だと切り離して考えましょう。」


次周期移植予定となりましたが。
うれしい反面ちょっと複雑でした。


検査結果の用紙をいただきましたが、
素人目には何のことだか意味がさっぱりわかりません。
ただ、全ての検査結果は基準値内であることぐらいしかわかりませんでした。
自宅に帰って、インターネットで色々と調べてみました。


検査してもらった項目は下記のとおりでした。
【血液検査】
A.PTT(血液凝固系検査)

【免疫】
甲状腺刺激ホルモン TSH
遊離T3<(甲状腺ホルモン)
遊離T4(甲状腺ホルモン)
抗DNA抗体(遺伝子に対する抗体)
ループスアルチコアグラント(抗リン脂質抗体の一種)
抗カルジオ-IgG(PS抗体)(抗リン脂質抗体の一種)
抗核抗体(細胞の核に対する抗体)
( )内 は自分で調べたので、間違っているかもしれません。


前回ブログに書きましたが、
このまま移植周期に入っていいのだろうか悩みました。
結果は問題なしなのに、落ち込むのは・・・
多分もしまた流産したら…という不安のせいかもしれません。
移植→流産となったときに「あのときもっと詳しく検査しておけばよかった。」と
後悔するのはこわぃ。。。


検査項目に入っていなかった検査で、気になっていたものがありました。
それは「不育症学級」を読んでから得た知識でした。
※下記は、以前紹介した「不育症学級」に書いてあった内容。

抗リン脂質抗体
※リン脂質は細胞膜を構成する部分。
自分自身に対する抗体で、自分で自分を認識し、攻撃したりして問題を起こすことがある。
特にリン脂質抗体が有名。
血小板を刺激して、血栓や流産を引き起こすことが知られている。

抗リン脂質抗体の種類
・ループスアンチコアグラント(LA)
・抗カルジオリピン(PS)抗体
・抗フォスファチジルセリン(PS)抗体
抗フォスファチジルエタノールアミン(PE)抗体 ※他と異なる性質を持つ。

解明されていない点が多いが、血小板を刺激するなどして血栓を引き起こす。血液はよどんでいると固まりやすい。抗リン脂質抗体があると、血液が固まり、胎盤に血栓ができる。すると胎児に酸素や栄養が行かなくなり流産する。

他と異なる性質を持つ、抗フォスファチジルエタノールアミン(PE)抗体とは…
キニノーゲンは子宮に非常に高濃度に存在し、子宮内の血流を良くして妊娠を助けている。胎盤は血管の塊であるので、キニノーゲンは胎盤形成に重要な役割を果たしている。キニノーゲンに対する抗体がPE抗体で、妊娠初期流産を繰り返す不育症患者に高頻度に見られる。この抗体は、キニノーゲンの血小板抑制作用を阻害することにより子宮の血流を悪くし、さらに胎盤形成を阻害して流産を引き起こしている。(ヘパリンはキニノーゲンの血管新生作用を促進する。)


血液凝固異常と不育症
 日本人の場合、第12因子欠乏症、プロテインS欠乏症、プロテインC欠乏症が高頻度にみられる。
 抗カルジオリピン(PS)抗体とループスアンチコアグラントは妊娠初期というよりは妊娠中期の子宮内死亡を起こすことが特徴。妊娠初期流産と関係の深いのは抗PE抗体である。
 妊娠初期流産を繰り返すタイプの不育症に高頻度に見られるのは、抗PE抗体と第12因子欠乏症。※杉先生が抗PE抗体がキニノーゲンという蛋白を認識すること、第12因子欠乏症が抗第12因子抗体により引き起こされることを世界で初めて報告した。
 キニノーゲンと第12因子は非常に性格の似た蛋白であり、血液凝固系や妊娠維持に同じような役割を果たしている。このキニノーゲンを認識する抗PE抗体と抗第12因子抗体を併せ持つ不育症患者は非常に多く、妊娠初期流産と関係することが特徴。



気になっていた第12因子抗体やプロテイン欠乏症、PE抗体などは
検査した項目にはなかったので、やはりしておいた方がいいのかな。。。
また、染色体異常も全くないとは言えないのでやっておくべきだろうか。


気持ちは移植したい。
でも。。。ネットや本で、色々調べれば調べるほど悩みました。


一般的な不育症検査で問題がなかったから、次周期移植する。
他の病院でもっと詳しく不育症の検査をする。
4ヶ月待ち、杉ウィメンズクリニックで不育症の検査をする。


一番いいのは杉先生の病院で検査をしてもらうことなのはわかっていますが。
やっぱり4ヶ月も待てない自分がいました。
だんなさま に今自分が考えている気持ちを全て伝えました。


今のクリニックでもしこれ以上詳しく検査ができないのであれば
他の病院を紹介してもらいたいと、気持ちを伝えました。


もこのまま何もしないで移植をするのには不安があるそう。
4ヶ月待てればいいけど・・・ぽん アップロードファイル がしたいようにしていいと言ってくれました。


そんなわけで、検査結果を聞いた翌日に
また病院へ行き、先生 に相談することにしました。


相談したときのことはまたあとで書きたいと思います。。。


o.*o.*・o.*o.゚*o.*o.*
みなさまにとってHAPPYな毎日でありますように…
すべての赤ちゃん待ちの人にかわいい赤ちゃんが授かりますように…
ポチっ…っとお願いします。 アップロードファイル
o.*o.*・o.*o.゚*o.*o.*
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
スレッドテーマ:不妊治療 ジャンル:結婚・家庭生活
│posted at 15:22:02│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

ぽん

Author:ぽん
旦那サマと2人暮らし 情熱ハート
  アップロードファイルアップロードファイル
東京都(郊外)在住 家
2006年11月入籍、
 2007年1月挙式 ウエディング
旦那サマの海外出張を機に、
 2007年8月末仕事を辞める。
2008年1月からベビまち♪ ハート

2008年4月
 近所の産婦人科で検査 病院
  *超音波検査*
  *血液検査*
  *子宮頚がん検査*
  *子宮頚部細胞診*
  *クラミジア*
  *卵管通気検査*
  *精液検査* … など
 →結果:問題なし

2008年5~6月タイミング指導
 → ×印
2008年7月
 はじめての AIH(人工授精)
2008年8月
 2回目のAIH(人工授精)で
  妊娠 [記号]「○」*赤(白-薄い背景用) †SbWebs†  検査薬
2008年9月
 稽留流産 うるうる
 →8w0d
   隣市の病院で、
   子宮内容物除去手術 病院
   (掻爬手術)
2008年12月~2009年7月
 同病院にて
  タイミング指導2回、AIH5回
 → ×印

2009年8月
 不妊専門病院へ転院
 →体外受精へ向けて
   カウフマン療法 開始
2009年9月
 体外受精 Short法開始
2009年10月
 採卵 ひよこ
 → 体外受精5個
 → 顕微受精6個
2009年10月
 卵巣過剰刺激症候群 !?
  により移植延期 ガーン
2009年12月
 ・はじめての胚盤胞移植
 ・判定日
  →子宮外妊娠or異常妊娠
 ・大学病院へ転院
  →即入院&手術
    腹腔鏡手術&掻爬手術

2010年1月
 ・再掻爬手術
 ・退院
 ・退院後、初診察
  →HCG値下がる
2010年2月
 治療再開
2010年3月
 ・胚盤胞移植(2回目)
 ・判定日
  →陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w1d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
  →不育症の疑い
2010年4月
 10w5d 掻爬手術
2010年6月
 ・(一般的な)不育症検査
  →問題なし
 ・大学病院での不育症検査
  →結果
  ※血液凝固異常(プロテインS抗原)
    基準値以下
2010年7月
 凍結胚移植予定→延期
2010年9月
 ・HRT-胚盤胞移植(3回目)
 ・判定日→陰性×印
2010年10月
 採卵(2回目)へ向けて
     カウフマン療法開始
2010年11月
 体外(顕微)受精へむけて
         Short法開始
2010年12月
 ・採卵 ひよこ 7個
 → 2個未成熟卵
 → 顕微受精5個
 → 胚盤胞2個凍結
 ※プロゲステロン値が高いため
   移植延期
 ・卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
  (卵巣の腫れ・腹水)
2011年1月
 HRT-胚盤胞移植(4回目)
2011年2月
 ・判定日→陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w3d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
 ・弱めの心拍確認(7w2d)
2011年3月
 ・心拍停止を確認
  (8w2d・稽留流産確定)
 ・出血(8w5d)

 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム

 
最新トラックバック
カウンター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。