スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2010.04.30(金)

掻爬(そうは)手術 当日 ~その壱~

こんにちは、ぽんデス アップロードファイル


いいお天気で気持ちよいですね。
早い人はもうGWかぁ。
今年のGWはずっとよい天気みたいなので
お出かけ日和ですね。


励ましのコメントや心配のコメントをいただき
本当にありがとうございました。
みなさまのコメントで
ぽんは少しずつではありますが元気になれそうです。
感謝の気持ちでいっぱいです アップロードファイル


27日の掻爬(そうは)手術のときのことを
書きたいと思います。
※気分を↓する人もいるかと思いますので読みたくない方はスルーしてくださいね。


掻爬(そうは)手術前日。
病院でもらった「注意事項」の用紙に
以下のような注意が書いてありました。

・夕食は22時まで、水分は0時まで。
 ※アルコールは控えること。
・手術当日は飲食禁止で来院。
・麻酔をするため、化粧&マニキュアしないこと。


はじめての経験ではないので
なんとなくはわかっていました。
2008年9月に手術した病院では、
前日の午後に子宮口を開く薬を入れて、翌日の朝病院へ行き手術。
ベッドで休んで、午後退院でした。


今回も日帰り手術でしたが、
子宮口を開く薬は朝病院で入れてもらい
お昼ごろ手術のという予定でした。


前回(2008年9月)の記憶では
薬をいれたまま半日以上生活したので
違和感があってイヤなものでした。
そのときはつわりもひどかったので
具合悪かったことを覚えています。


今回はつわりがないだけでもいいのかな。


だんなさまが会社をお休みしてくれたので
送り迎えをしてもらいました。
朝9:00までに病院へ行き、トイレを済ませました。
そのときいつもより出血していたので
もしかしてぷぅ~ちゃんが出てこようとしてるのかなと
ちょっぴり期待もしました。
(期待だけでおわりましたが。。。)


:「出血はどうですか?」


アップロードファイル :「少量ずつあります。」


同意書を看護師さんに渡し、
そのあと診察室で院長先生 の話を聞きました。
:「今から超音波で確認します。それから子宮口を開くラミナリアを入れます。2時間半くらい待ってから手術になります。」


内診室で院長先生が診てくれました。
ぷぅ~ちゃんが出口に移動しているか。
それともまた胎嚢が大きくなっているのか。
モニターをじっとみていました。


胎嚢は21.6㎜で前回よりちょっと小さめになりました。
胎嚢の中に白いいびつな形をしたものが見えました。
もしかしてぷぅ~ちゃん?
今までは見えなかったのに…
なんだかせつなくなりました。
ごめんね、ぷぅ~ちゃん。


:「外に出る気配もなさそうだし。心拍もみえないので、予定通り今日手術しますね。今からラミナリアを入れますよ。」


ちょっぴりの期待もむなしく手術決定。


薬を入れるのは
2008年9月の際に入れたことがあったけれど
痛かったのかどうかも忘れていました。
今年の1月1日の手術のときは
手術が急に決まったせいか
子宮口をひろげる薬は入れてもらえなかったので
手術のあと、子宮口あたりの痛みが辛かったことを覚えています。


:「ラミナリア入れますよ、痛いかな?」

アップロードファイル :「大丈夫です。」


聞かれた時は全く痛みはなかったのですが
急に生理痛の強い痛みがどんと押し寄せてきました。
声を押し殺して「いたぁ~ぃ・・・。」と叫びました。


違和感があるまま、今度は別室に案内されました。
採卵のとき一度横になったことがあるベッドでした。


:「ショーツはまだはいていてもかまいません。術着に着替えて、横になっていてください。」


着替えて横になり、ぼ~っとしていました。
看護師さんや他の患者さんの声、
看護師さんの行き来する靴音など
とても慌しい音がしていました。
静かよりもかえってよかったかもしれません。
眠気はありましたが。眠れる心境でもないし。
考え事をしながら、天井をみつめて待ちました。


※長くなりそうなので、 つづく 。。。



o.*o.*・o.*o.゚*o.*o.*
みなさまにとってHAPPYな一日でありますように…
すべての赤ちゃん待ちの人にかわいい赤ちゃんが授かりますように…
ポチっ…っとお願いします。 アップロードファイル
o.*o.*・o.*o.゚*o.*o.*
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
スレッドテーマ:妊娠初期(1~4ヵ月) ジャンル:結婚・家庭生活
│posted at 11:14:40│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

ぽん

Author:ぽん
旦那サマと2人暮らし 情熱ハート
  アップロードファイルアップロードファイル
東京都(郊外)在住 家
2006年11月入籍、
 2007年1月挙式 ウエディング
旦那サマの海外出張を機に、
 2007年8月末仕事を辞める。
2008年1月からベビまち♪ ハート

2008年4月
 近所の産婦人科で検査 病院
  *超音波検査*
  *血液検査*
  *子宮頚がん検査*
  *子宮頚部細胞診*
  *クラミジア*
  *卵管通気検査*
  *精液検査* … など
 →結果:問題なし

2008年5~6月タイミング指導
 → ×印
2008年7月
 はじめての AIH(人工授精)
2008年8月
 2回目のAIH(人工授精)で
  妊娠 [記号]「○」*赤(白-薄い背景用) †SbWebs†  検査薬
2008年9月
 稽留流産 うるうる
 →8w0d
   隣市の病院で、
   子宮内容物除去手術 病院
   (掻爬手術)
2008年12月~2009年7月
 同病院にて
  タイミング指導2回、AIH5回
 → ×印

2009年8月
 不妊専門病院へ転院
 →体外受精へ向けて
   カウフマン療法 開始
2009年9月
 体外受精 Short法開始
2009年10月
 採卵 ひよこ
 → 体外受精5個
 → 顕微受精6個
2009年10月
 卵巣過剰刺激症候群 !?
  により移植延期 ガーン
2009年12月
 ・はじめての胚盤胞移植
 ・判定日
  →子宮外妊娠or異常妊娠
 ・大学病院へ転院
  →即入院&手術
    腹腔鏡手術&掻爬手術

2010年1月
 ・再掻爬手術
 ・退院
 ・退院後、初診察
  →HCG値下がる
2010年2月
 治療再開
2010年3月
 ・胚盤胞移植(2回目)
 ・判定日
  →陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w1d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
  →不育症の疑い
2010年4月
 10w5d 掻爬手術
2010年6月
 ・(一般的な)不育症検査
  →問題なし
 ・大学病院での不育症検査
  →結果
  ※血液凝固異常(プロテインS抗原)
    基準値以下
2010年7月
 凍結胚移植予定→延期
2010年9月
 ・HRT-胚盤胞移植(3回目)
 ・判定日→陰性×印
2010年10月
 採卵(2回目)へ向けて
     カウフマン療法開始
2010年11月
 体外(顕微)受精へむけて
         Short法開始
2010年12月
 ・採卵 ひよこ 7個
 → 2個未成熟卵
 → 顕微受精5個
 → 胚盤胞2個凍結
 ※プロゲステロン値が高いため
   移植延期
 ・卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
  (卵巣の腫れ・腹水)
2011年1月
 HRT-胚盤胞移植(4回目)
2011年2月
 ・判定日→陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w3d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
 ・弱めの心拍確認(7w2d)
2011年3月
 ・心拍停止を確認
  (8w2d・稽留流産確定)
 ・出血(8w5d)

 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム

 
最新トラックバック
カウンター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。