スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2010.01.07(木)

退院

こんにちは、ぽんデス アップロードファイル


2010/1/2 退院日


大晦日からあった胸(おっぱい)の痛みは、


まだありました。え?


でも、気持ちちょっと弱くなったのかな !?


これってきっと妊娠初期症状とかなんだろうな 大汗


胸の痛みも、ただ辛いだけです。


切なくなります。 うるうる


朝食は、ごはん、味噌汁、焼き鮭、おひたしなどでした。


大体食べることができました。


今日は退院日。


10時前後に退院手続きしてくださいといわれていたので、


朝食後、化粧をして、荷物をまとめて、着替えました。


他にすることもなかったので、すぐ支度が完了しました。


だんなさま アップロードファイル が10時に迎えにくる予定だったので、


時間になるまで横になっていました。


そんなとき、担当外の看護師さん アップロードファイル


腕のネームバンドをはずしに来てくれました。


お世話になったお礼を言いました。


アップロードファイル がちょうど到着したころ、


今日の担当 アップロードファイル さんがきて、


最後の血圧測定と検温をしてくれました。


遅れてしまったことを謝っていました。


お世話になったお礼を言い、


荷物を アップロードファイル にもってもらい、病室を去りました。


退院はすごく嬉しかったです。


やっと、おうち 家 に帰れる。


でも複雑な気持ち。


問題が解決して退院できたわけじゃない。


へんな気分でした。


入院や手術費の支払いをしようとしたら、


祝日で精算できていないので、


後日診察に来たときでいいと言われたのでそのまま帰りました。


新宿の一般道はがらがらでした。


高速にのると、反対車線の上りは


おそらくバーゲンに向かう人たちの車で渋滞していました。


下りは空いていました。


いいなぁ、バーゲンか。


お正月 門松 なんだよな~。


うちにはお正月…なかった気分。


久々の我が家 家


入院前のことが、なんかすごく遠い昔のように感じました。


次回の診察日は1/5です。


そのときに、また尿検査をしてHCG値を調べるそうです。


下がっているといいな。


うさこ うさぎ がおなかの奥にいたなら、


うさぎ の命日は、2010/1/1になるんだぁ。


下がっていればOK。


上がっていれば…様子をみながら


おそらく抗がん剤投与となるでしょう。 ;


どん底から、どん底へ突き落とされたので がっくり


またHCGが上がったとしても


なんとなく覚悟はできてました。


もう、なるようにしかならない。


イヤだと思っても、そうなる運命。


受け入れるしか…ない。



ポチっ…っとお願いします。 アップロードファイル
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
スレッドテーマ:不妊治療 ジャンル:結婚・家庭生活
│posted at 10:53:38│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

ぽん

Author:ぽん
旦那サマと2人暮らし 情熱ハート
  アップロードファイルアップロードファイル
東京都(郊外)在住 家
2006年11月入籍、
 2007年1月挙式 ウエディング
旦那サマの海外出張を機に、
 2007年8月末仕事を辞める。
2008年1月からベビまち♪ ハート

2008年4月
 近所の産婦人科で検査 病院
  *超音波検査*
  *血液検査*
  *子宮頚がん検査*
  *子宮頚部細胞診*
  *クラミジア*
  *卵管通気検査*
  *精液検査* … など
 →結果:問題なし

2008年5~6月タイミング指導
 → ×印
2008年7月
 はじめての AIH(人工授精)
2008年8月
 2回目のAIH(人工授精)で
  妊娠 [記号]「○」*赤(白-薄い背景用) †SbWebs†  検査薬
2008年9月
 稽留流産 うるうる
 →8w0d
   隣市の病院で、
   子宮内容物除去手術 病院
   (掻爬手術)
2008年12月~2009年7月
 同病院にて
  タイミング指導2回、AIH5回
 → ×印

2009年8月
 不妊専門病院へ転院
 →体外受精へ向けて
   カウフマン療法 開始
2009年9月
 体外受精 Short法開始
2009年10月
 採卵 ひよこ
 → 体外受精5個
 → 顕微受精6個
2009年10月
 卵巣過剰刺激症候群 !?
  により移植延期 ガーン
2009年12月
 ・はじめての胚盤胞移植
 ・判定日
  →子宮外妊娠or異常妊娠
 ・大学病院へ転院
  →即入院&手術
    腹腔鏡手術&掻爬手術

2010年1月
 ・再掻爬手術
 ・退院
 ・退院後、初診察
  →HCG値下がる
2010年2月
 治療再開
2010年3月
 ・胚盤胞移植(2回目)
 ・判定日
  →陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w1d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
  →不育症の疑い
2010年4月
 10w5d 掻爬手術
2010年6月
 ・(一般的な)不育症検査
  →問題なし
 ・大学病院での不育症検査
  →結果
  ※血液凝固異常(プロテインS抗原)
    基準値以下
2010年7月
 凍結胚移植予定→延期
2010年9月
 ・HRT-胚盤胞移植(3回目)
 ・判定日→陰性×印
2010年10月
 採卵(2回目)へ向けて
     カウフマン療法開始
2010年11月
 体外(顕微)受精へむけて
         Short法開始
2010年12月
 ・採卵 ひよこ 7個
 → 2個未成熟卵
 → 顕微受精5個
 → 胚盤胞2個凍結
 ※プロゲステロン値が高いため
   移植延期
 ・卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
  (卵巣の腫れ・腹水)
2011年1月
 HRT-胚盤胞移植(4回目)
2011年2月
 ・判定日→陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w3d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
 ・弱めの心拍確認(7w2d)
2011年3月
 ・心拍停止を確認
  (8w2d・稽留流産確定)
 ・出血(8w5d)

 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム

 
最新トラックバック
カウンター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。