スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2009.12.30(水)

大学病院での初診

こんにちは、ぽんデス アップロードファイル



月曜日に紹介してもらった○○大学病院へ行き、


診察してもらいました。


病院は家から遠いし、高速渋滞のことを考え、


早めに(朝6:00時に)出発しました。


8:00受付→8:30診察で時間厳守と言われていたので、


遅れるよりは早めに出かけて待っていようか…


結局7:00に着いたので車内で待っていましたが


入口が開いてたので受付番号をとり、


診察券を作る為の用紙に記入して待ちました。


8:00ちょうど受付開始となり3番目に呼ばれました。


受付を済ませ、産科・婦人科へ行きました。


ここでは問診票を記入し、尿を採取して待ちました。


担当の先生が、担当外の曜日でしたが来てくれました。


内診でかなり丁寧にみてくれました。


先生:「筋腫ある?」


アップロードファイル :「のう腫はあるって言われたことはあります…。」


カーテンの奥で別の先生との話し声が聞こえましたが


内容はわかりませんでした。


内診が終わり、だんなさま アップロードファイル と一緒に説明を受けました。


やはりおなかの中には何も見えない…


卵管に着床している可能性が高いと言われました。


術前の検査をするように言われました。


それは血液検査&尿検査、心電図&呼吸検査、レントゲンでした。


大きな病院なので、どの検査も混んでいました。


一通り検査が終わると、再度内診がありました。


他の先生方にも診てもらうためです。


カーテンごしですが…ちょっと嫌でした。ションボリ


仕方ないですよね…。


結局、右側の卵管に着床した可能性が高く、


腹腔鏡手術をしてみないとよくわからないと言われました。


しかもHCGが4000近くまで上がっていたそうです。


1時間後の12:00から手術と言われました。


びっくりしました…。汗


今日は術前検査をして、明日から手術&入院だと思っていました。


年末だし、先生方の都合もあるのかな !?


その後、 アップロードファイルアップロードファイル に、手術の説明を女医さんが丁寧にしてくれました。


急な手術…もちろん、何も支度はしていません。


パジャマは病院のレンタルを借り、


他のすぐ必要な下着やナプキンは


病院の売店でアップロードファイル に買ってきてもらいました。


恥ずかしかっただろぅな…ごめんね。



ポチっ…っとお願いします。 アップロードファイル
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
│posted at 16:09:17│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

ぽん

Author:ぽん
旦那サマと2人暮らし 情熱ハート
  アップロードファイルアップロードファイル
東京都(郊外)在住 家
2006年11月入籍、
 2007年1月挙式 ウエディング
旦那サマの海外出張を機に、
 2007年8月末仕事を辞める。
2008年1月からベビまち♪ ハート

2008年4月
 近所の産婦人科で検査 病院
  *超音波検査*
  *血液検査*
  *子宮頚がん検査*
  *子宮頚部細胞診*
  *クラミジア*
  *卵管通気検査*
  *精液検査* … など
 →結果:問題なし

2008年5~6月タイミング指導
 → ×印
2008年7月
 はじめての AIH(人工授精)
2008年8月
 2回目のAIH(人工授精)で
  妊娠 [記号]「○」*赤(白-薄い背景用) †SbWebs†  検査薬
2008年9月
 稽留流産 うるうる
 →8w0d
   隣市の病院で、
   子宮内容物除去手術 病院
   (掻爬手術)
2008年12月~2009年7月
 同病院にて
  タイミング指導2回、AIH5回
 → ×印

2009年8月
 不妊専門病院へ転院
 →体外受精へ向けて
   カウフマン療法 開始
2009年9月
 体外受精 Short法開始
2009年10月
 採卵 ひよこ
 → 体外受精5個
 → 顕微受精6個
2009年10月
 卵巣過剰刺激症候群 !?
  により移植延期 ガーン
2009年12月
 ・はじめての胚盤胞移植
 ・判定日
  →子宮外妊娠or異常妊娠
 ・大学病院へ転院
  →即入院&手術
    腹腔鏡手術&掻爬手術

2010年1月
 ・再掻爬手術
 ・退院
 ・退院後、初診察
  →HCG値下がる
2010年2月
 治療再開
2010年3月
 ・胚盤胞移植(2回目)
 ・判定日
  →陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w1d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
  →不育症の疑い
2010年4月
 10w5d 掻爬手術
2010年6月
 ・(一般的な)不育症検査
  →問題なし
 ・大学病院での不育症検査
  →結果
  ※血液凝固異常(プロテインS抗原)
    基準値以下
2010年7月
 凍結胚移植予定→延期
2010年9月
 ・HRT-胚盤胞移植(3回目)
 ・判定日→陰性×印
2010年10月
 採卵(2回目)へ向けて
     カウフマン療法開始
2010年11月
 体外(顕微)受精へむけて
         Short法開始
2010年12月
 ・採卵 ひよこ 7個
 → 2個未成熟卵
 → 顕微受精5個
 → 胚盤胞2個凍結
 ※プロゲステロン値が高いため
   移植延期
 ・卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
  (卵巣の腫れ・腹水)
2011年1月
 HRT-胚盤胞移植(4回目)
2011年2月
 ・判定日→陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w3d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
 ・弱めの心拍確認(7w2d)
2011年3月
 ・心拍停止を確認
  (8w2d・稽留流産確定)
 ・出血(8w5d)

 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム

 
最新トラックバック
カウンター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。