スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2009.12.30(水)

腹腔鏡手術

手術は2時間くらいの予定と言われました。


手術説明で、『腹腔鏡下手術』がどの様なことかを説明してくれたかというと…


おへその下からカメラを入れ、


右側の下腹部にメスを入れ、そこから器具を入れて処置をするそうです。


そのままだと真っ暗で患部が見えないため、


他2ヶ所にも穴をあけて金具 !? でつりあげるそうです。


テントをはる感じ !?


患部を見えやすくして処置すると聞きましたが…


やっぱり、こわぃですよね…。涙


すぐ病室で点滴用の針を入れられました。


すごく痛かったです。


点滴で片腕がふさがっているので、


手術着に着替えるのは看護師さんが手伝ってくれました。


本当に急な手術で、化粧もしたまま…何も準備ができてないのに。


心の準備も…。


親にも報告する時間がなかったので、


電話するようにだんなさま アップロードファイル に頼みました。


あとで聞いたら、母は泣いていたそうです。えーん


あっという間に手術室でした。


アップロードファイル を覗き込む顔がいっぱい…こわかった。


名前と身長・体重、差し歯はないか質問され、


あとは麻酔が入ってあまり覚えていません。


目が覚めたら手術は終わっていて、


お腹に痛みがありました。


ベッドに移動し、そのままエレベーターで病室にむかいました。


途中、 アップロードファイル の心配そうな顔がありました。


お腹の痛みが辛くて、点滴に痛み止めを入れてもらいました。


手術を担当した先生が アップロードファイル に手術の結果を説明してくれました。


・卵管と卵巣には赤ちゃん(うさこ)はみつからなかった。
・子宮筋腫が3つ、水泡(卵巣のう腫?)がみつかり、全てキレイにした。
・念のために子宮内もキレイに(そうは)した。


滅多にないことだそうですが…


子宮内や卵管と卵巣に赤ちゃんが見つからない場合、


子宮内をキレイにしてもHCGの値が術後下がらなければ…


開腹手術をして探すか、薬物治療(抗がん剤投与)で治すそうです。


アップロードファイル から話を聞いたときは、痛みもあり、


辛かったので何も考えられませんでした。


術後、点滴4本も入ったので顔がぱんぱんになっていました。


自分の顔ではないようでした。


うさこはどこに !?


翌朝、先生から直接説を受け、よく考えました。


腹腔鏡手術でこんなに辛いのに… さとと-汗


開腹手術なんて耐えられません。がっくり


泣きそうになりました。パンダ汗


きっと、うさこは子宮の中にいたのかな…


そぅ願うことしかできませんでした。



↓ ↓ ↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
│posted at 19:50:38│ コメント 1件トラックバック 0件
プロフィール

ぽん

Author:ぽん
旦那サマと2人暮らし 情熱ハート
  アップロードファイルアップロードファイル
東京都(郊外)在住 家
2006年11月入籍、
 2007年1月挙式 ウエディング
旦那サマの海外出張を機に、
 2007年8月末仕事を辞める。
2008年1月からベビまち♪ ハート

2008年4月
 近所の産婦人科で検査 病院
  *超音波検査*
  *血液検査*
  *子宮頚がん検査*
  *子宮頚部細胞診*
  *クラミジア*
  *卵管通気検査*
  *精液検査* … など
 →結果:問題なし

2008年5~6月タイミング指導
 → ×印
2008年7月
 はじめての AIH(人工授精)
2008年8月
 2回目のAIH(人工授精)で
  妊娠 [記号]「○」*赤(白-薄い背景用) †SbWebs†  検査薬
2008年9月
 稽留流産 うるうる
 →8w0d
   隣市の病院で、
   子宮内容物除去手術 病院
   (掻爬手術)
2008年12月~2009年7月
 同病院にて
  タイミング指導2回、AIH5回
 → ×印

2009年8月
 不妊専門病院へ転院
 →体外受精へ向けて
   カウフマン療法 開始
2009年9月
 体外受精 Short法開始
2009年10月
 採卵 ひよこ
 → 体外受精5個
 → 顕微受精6個
2009年10月
 卵巣過剰刺激症候群 !?
  により移植延期 ガーン
2009年12月
 ・はじめての胚盤胞移植
 ・判定日
  →子宮外妊娠or異常妊娠
 ・大学病院へ転院
  →即入院&手術
    腹腔鏡手術&掻爬手術

2010年1月
 ・再掻爬手術
 ・退院
 ・退院後、初診察
  →HCG値下がる
2010年2月
 治療再開
2010年3月
 ・胚盤胞移植(2回目)
 ・判定日
  →陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w1d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
  →不育症の疑い
2010年4月
 10w5d 掻爬手術
2010年6月
 ・(一般的な)不育症検査
  →問題なし
 ・大学病院での不育症検査
  →結果
  ※血液凝固異常(プロテインS抗原)
    基準値以下
2010年7月
 凍結胚移植予定→延期
2010年9月
 ・HRT-胚盤胞移植(3回目)
 ・判定日→陰性×印
2010年10月
 採卵(2回目)へ向けて
     カウフマン療法開始
2010年11月
 体外(顕微)受精へむけて
         Short法開始
2010年12月
 ・採卵 ひよこ 7個
 → 2個未成熟卵
 → 顕微受精5個
 → 胚盤胞2個凍結
 ※プロゲステロン値が高いため
   移植延期
 ・卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
  (卵巣の腫れ・腹水)
2011年1月
 HRT-胚盤胞移植(4回目)
2011年2月
 ・判定日→陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w3d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
 ・弱めの心拍確認(7w2d)
2011年3月
 ・心拍停止を確認
  (8w2d・稽留流産確定)
 ・出血(8w5d)

 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム

 
最新トラックバック
カウンター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。