スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2011.01.18(火)

海外ドラマをみて考えること ~その6~

こんにちはっ、ぽんデス アップロードファイル


毎朝寒いですねっ。
朝起きるのがちびっとつらいです。


さて。
ぽんの大好きな海外ドラマのお話デス。
今回は「プライベートプラクティス」。
以前、1度話したものの続きです。
※今から観る予定の人はネタバレになるので、見ないで下さいね。

同じ日に受精卵を移植した2人が
受精卵が入れ替えられて移植してしまった話。
覚えているかな?
※そのときのブログは、コチラ


そのときは、AさんとBさんはそれぞれの赤ちゃんを出産することを決めて
話が終わりましたが。
つづきがありました。


Bさんが他院で赤ちゃんの異常を指摘されたため、
Aさんが一緒に付き添って主人公のアディソンの診察を受けにやってきました。
Bさんのおなかの赤ちゃんに奇形腫があり手術をしなければ
赤ちゃんが死んでしまうということが判明しました。
手術ということはBさんの子宮をきるということ・・・
将来また妊娠を希望している彼女に影響を与えるかもしれない手術。
旦那さんと相談して手術をするかしないか決めるように
アディソンはBさんに話をしましたが。
旦那さんはBさんがAさんの赤ちゃんを産むことを決めてから
何ヶ月も前に出て行ったそうです。
Bさんの旦那さんはお互いの赤ちゃんを産むことに反対でした。


Bさんは最初は、手術を受けずにこのまま胎児を死なせると言い、
Aさんにこのことを黙っているつもりでした。
アディソンにも黙っているよう頼みました。


守秘義務があるため、Aさんに事実は言えない。
AさんはBさんのおなかの赤ちゃん(つまりAさんの赤ちゃん)について何も知らされず
不安を抱き、ナオミに相談します。
ナオミのせいで受精卵のとり違いがあったため、
ナオミを嫌っていたBさんでしたが、
事実をAさんに話して、中絶手術をすることを説得されました。


Bさんのおなかの赤ちゃんに奇形腫があることをしったAさんは
パニックになり、持病の高血圧症上が出て、不安定な状態になりました。
自分の赤ちゃんのために命を懸けてくれているAさんをみたBさんは
自分自身も彼女のためにやらなくては・・・と手術を受ける決心をしました。


手術では結局Bさんのおなかの赤ちゃん(つまりAさんの赤ちゃん)を救うことができませんでした。
Aさんは辛かったけれど、Bさんと一緒なら乗り越えられるとBさんを励ましました。
AさんとBさんには友達以上の絆ができていました。
そこへ、家をでたはずのBさんの旦那さんがやってきました。
彼に戻って欲しいとBさんが電話をしたから・・・。
Aさんは裏切られた気分になります。
Aさんのおなかにいる赤ちゃんだけが自分に残された唯一の希望だと
思いつめて、姿を消してしまいます。


またもや激怒したBさんの旦那さんですが、
Aさんとの間に絆があるBさんは
彼女なら赤ちゃんのために正しいことをしてくれる(赤ちゃんを返してくれる)と信じて
旦那さんをなだめました。


長々とすみません。
Aさんの気持ちもBさんの気持ちもわかるな~。
Aさんはもう旦那さんが亡くなっていて
Bさんのおなかの中にいる赤ちゃんだけが希望でした。
赤ちゃんが亡くなっても、Bさんとの絆ができたから
自分が出産するであろう赤ちゃんがたとえBさんの赤ちゃんだとしても
なんらかの形で関わっていきたいと思っていたんだと思います。
そこにBさんの旦那さんが戻ってきたら自分の居場所はない。
Bさんはまだ将来赤ちゃんができるかもしれない・・・
でも自分にはおなかの赤ちゃんだけだもん。。


Bさんはおなかの赤ちゃんを失って
出て行ってしまったけれど、旦那さんに支えて欲しかったから
電話をしてしまったんだと思います。


2人とも無事に出産できたら
それぞれがHAPPYエンドでよかったのに。。。
そううまくはいかないんだよね~。
もちろん、これはドラマの話ですが。
なんとも考え深い話で色々と考えさせられてしまいました。

とっても眠ぃっ。ぽんでしたっ! アップロードファイル くるっぽー

みなさまにとってHAPPYな毎日でありますように…
すべての赤ちゃん待ちの人にかわいい赤ちゃんが授かりますように…
ポチっ…っとお願いします。 アップロードファイル
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
スレッドテーマ:不妊治療 ジャンル:結婚・家庭生活
│posted at 14:32:21│ コメント 2件トラックバック 0件
2010.11.13(土)

海外ドラマをみて考えること ~その5~

こんばんはっ、ぽんデス アップロードファイル


ぽんの大好きな海外ドラマのお話デス。
今回も「ブラザーズ&シスターズ」。
今からみる方はネタバレになるので、注意してくださいね。


ウォーカー家の次女キティのお話です。
流産したことをきっかけに、新しい家族を作ることを具体的に夫婦で考えるようになりました。
※旦那さんは2度目の結婚の為、前妻とのあいだに2人子どもがいます。
自然にできないため、不妊治療をはじめることになります。
通常の物語に、自己注射を打ったりする場面が普通に組み込まれています。
受精卵の分割がうまくいかなかったり、移植がうまくいかなかったり・・・
結局、キティたちは養子をもらうことを夫婦で決めます。


アメリカの方が養子縁組って日本よりも一般的な気がします。
自分ももしもこの先、授からなかったとしたら・・・と考えたことあります。
どうするんだろう。
こどもがいない人生なんて考えられない。
養子をもらうのだろうか。
それとも夫婦2人で生きていくのだろうか。
養子縁組って色々基準があるんですよね。
夫婦の年齢とか。妻は専業主婦じゃないといけないとか。

いままその答えはだせないけれど・・・いつか考えるときがくるのかもしれない。
もちろん、そのときはきて欲しくない。いまはまだまだがんばれるし、がんばりたいもん。


ベビまちしている自分も。みんなにも。ベビちゃんがやってきますように・・・。
そう願ってがんばるだけ。がんばるど~っ。

みなさま、ステキな週末をお過ごしくださいねっ。
アップロードファイル くるっぽー


みなさまにとってHAPPYな毎日でありますように…
すべての赤ちゃん待ちの人にかわいい赤ちゃんが授かりますように…
ポチっ…っとお願いします。 アップロードファイル
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

スレッドテーマ:不妊治療 ジャンル:結婚・家庭生活
│posted at 20:52:39│ コメント 0件トラックバック 0件
2010.11.05(金)

海外ドラマをみて考えること ~その4~

こんにちはっ、ぽんデス アップロードファイル


相変わらず目覚めは、プラノバールの副作用・・・吐き気。
ボエッ・・・
でもあと1週間くらいの辛抱。
カウフマン療法も最中はなが~く感じるけれど、
ここまでくるとあっという間に感じちゃうから不思議。
吐き気ももう少しだけっ。がんばるど~


今日は暖かいので 布団干しちゃいました。
同じ敷地内の新築アパート(すぐ隣り)もやっと完成したようで
もとの静かな生活にもどりつつあります。
騒音はストレスですよね。
新築の1軒家みたい。
家賃はうちよりもちろん高いけれど、思ったほどではなかったな~。
ネットで調べちゃいました。(笑)
お隣りはさておき、引っ越したい病・・・発病中。
そうはいってもベビまち中はムリだな~
病院、色々お金がかかるもん。妄想だけにしておこう。。。



さて。
アップロードファイル の大好きな海外ドラマのお話デス。
今回は「プライベートプラクティス2」。
※今から観る予定の人はネタバレになるので、見ないで下さいね。
主に恋愛ドラマですが、主人公のアディソンは産婦人科医師なので
不妊やそれに関するテーマが多々でてきます。



アディソンと同じクリニックで働くヴァイオレット(精神科医)の患者で
妊婦のケイティが超音波検診で胎児が死亡していることが判明する。
赤ちゃんの誕生を何よりも楽しみにしていたケイティは現実を受け入れられずにいた。
手術の話をしても「赤ちゃんはまだ生きている。」と信じて拒否。
結局医師たちの説得により、現実に目をむけ手術をしますが、
シーズン2の最終話でヴァイオレットの患者として再び登場します。


ケイティは過去の辛い経験を乗り越えたと言っていたが、
実は死産の経験が精神疾患をひきおこし、おかしくなっていました。
ケイティをみていた精神科医のヴァイオレットは妊婦で、
ピートとシェルダンのどちらが子どもの父親かわからないまま出産日を迎えようとしていたが、
やっぱりピートの愛を選ぶ決意をして、幸せいっぱいのところでした。
そのヴァイオレットのもとに、
彼女の子どもを自分の子どもと思い込んだケイティが訪れ、
「赤ちゃんをかえして」とヴァイオレットに注射をうち、
体の自由をきかないようにします。


ケイティはインターネットで手術器具や薬を購入し、
ヴァイオレットのお腹の赤ちゃんを奪う計画でした。


このシーズン2の終わりは
ケイティがお腹にメスを入れようとするところで終わりました。


こんな悲惨なことって現実おこらない&おこって欲しくないけれど。
死産して辛い経験をしたケイティの気持ちも全くわからないわけじゃないな~って。
もちろん、死産でおなかの子どもを失ったからといって
他の人のおなかから赤ちゃんを奪うことなんて許されないことだもん。


最近つづきのシーズン3が放送されましたが・・・
おなかから赤ちゃんを奪われたヴァイオレットも赤ちゃんも無事でした。



できれば死産も流産もだれもが経験しなくていい世の中になればいいのに。。。
朝夕は冷え込むのでみなさん、風邪気をつけてくださいね~。 アップロードファイル くるっぽー

みなさまにとってHAPPYな毎日でありますように…
すべての赤ちゃん待ちの人にかわいい赤ちゃんが授かりますように…
ポチっ…っとお願いします。 アップロードファイル
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

スレッドテーマ:不妊治療 ジャンル:結婚・家庭生活
│posted at 14:29:58│ コメント 4件トラックバック 0件
2010.11.02(火)

海外ドラマをみて考えること ~その3~

こんにちはっ、ぽんデス アップロードファイル


今朝は寒かった~
冷えるせいか、子宮が痛いデス。
今日は洗濯日和デス・・・とお天気おねぇさんが言ってたのではりきって洗濯を。
でも、隣りに建ててたアパートできあがりと思いきや
まだまだ業者の人の出入りがあるので、なんだかタバコくさぃです。
うちだけ洗濯日和はないのか。。。


買い物ついでに、スタバへちょこっと寄りました。
今日からクリスマス のパッケージ。かわいい~
そして、キャラメルエクレールラテを買っちゃいました。
キャラメルエクレールラテ


さて。
今回もぽんの大好きな海外ドラマのお話デス。
今回も「ブラザーズ&シスターズ」。
今からみる方はネタバレになるので、注意してくださいね。


ウォーカー家の長男トミーとその奥さんのジュリア。
こどもが欲しく、子作りに励みますが中々できません。
その後の検査で、トミーの無精子症が発覚します。
どうしてもこどもをあきらめきれない2人は、トミーの兄弟であるケヴィンとジャスティンに
精子提供をお願いします。
自分の子じゃなくとも、兄弟の遺伝子なら血はつながっているから・・・。
2人は承諾しました。
ケヴィンとジャスティンのどちらが本当の親かわからないように
両方の精子をつかったようです。
のちにジュリアは双子を授かります。


まだ出産予定は先なのに、ジュリアは早産で男の子と女の子を低体重で出産。
男の子は肝臓移植が必要となり、
その提供者は双子の女の子が最適であると医師から聞かされ、
トミーとジュリアは親として苦渋の選択を迫られます。


自分が親だったらどうするか・・・やっぱりそのときになってみないとわからない。
1人を助ける為にもう1人を犠牲にできるのか・・・。
移植しなかったら、2人とも助からないかもしれない。
本当に苦渋の選択だと思います。


結局物語りは男の子から肝臓を移植し、女の子の方は助かりました。
のちに、また女の子が肝臓移植が必要となり、
(親子鑑定で)実の父親であるケヴィンが肝臓を提供し元気になりました。


これもまた親がわかってしまったことで
兄弟同士に気まずい?空気が流れてしまいます。
トミーが兄弟に精子提供を依頼した気持ちもわかるけれど、
ケヴィンのパートナーの気持ちを考えたら・・・複雑な気分。
※ケヴィンはゲイなので奥さんじゃなくて、パートナー(男性)がいます。
自分に置き換えると・・・うちの にお兄さんが1人います。
まだ未婚ですが・・・。
そのお兄さんが結婚していたとして、無精子症としたら・・・
うちの のを提供・・・ん~。
自分が産むより先にお兄さんのお嫁さんが産んでしまうわけでしょ?
やっぱり複雑な気分だな・・・。
ドラマみたいにゲイでパートナーだったとしても・・・気持ちはそんなに変わらないと思うし。
こればっかりはどうするのかなんて考えてもわからない。
でも子どもを授かりたいって気持ちもすごくわかる。


愛する人の赤ちゃんを欲しい、
自分の血のつながった赤ちゃんが欲しいって、きっと当たり前のこと。

だから、みんな辛くても治療がんばってるんだよ~。
アップロードファイル くるっぽー


みなさまにとってHAPPYな毎日でありますように…
すべての赤ちゃん待ちの人にかわいい赤ちゃんが授かりますように…
ポチっ…っとお願いします。 アップロードファイル
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

スレッドテーマ:不妊治療 ジャンル:結婚・家庭生活
│posted at 11:55:23│ コメント 7件トラックバック 0件
2010.10.31(日)

海外ドラマをみて考えること ~その2~

こんばんはっ、ぽんデス アップロードファイル


ぽんの大好きな海外ドラマのお話デス。
今回は「ブラザーズ&シスターズ」。
家族がテーマのお話。
家族の絆、夫婦の愛、恋愛、仕事、育児など色んなテーマがもりこまれています。
ごたごた話もあるけれど・・・実家に帰りたいな~と思える作品。
多分シーズン2のエピソード6だったかな?
今からみる方はネタバレになるので、注意してくださいね。



ウォーカー家の次女キティの妊娠が発覚し、
母親と一緒にはじめての超音波検査へ。
モニターをみながら医師が説明をします。
「これが赤ちゃんの入っている袋で・・・。」


そして、モニターを見えないよう別の方向にして、
着替えるよう促します。
キティは{え?」と途中なのになんで終わってしまうのか疑問に思いました。
ここでぽんはすぐ気がつきました。自分にも経験があるから・・・。
医師に質問すると「赤ちゃんの心拍がない。」と言われました。


このエピソードをみたとき、
自分自身がはじめて流産&手術をしてまだ1ヵ月も経過していない時でした。
だんなさま と一緒にみていたのですが・・・
私は号泣してしまいました。
自分自身と重ねてしまったからです。


きっと誰が経験しても辛いこと。
こんな経験は誰もしたくないこと。
でも、妊娠の10~20%によくあること。
号泣している私の頭を は優しくなでてくれたことを今でも覚えています。


妊娠したいだれもが、妊娠してみんな無事に出産できれば
どんなにいいだろうか。
そんなカンジに神様つくってくれなかったのかな~。

キティはその後、子作りに励むも中々できず、不妊治療をはじめます。
それはまた後日・・・かな。


週末は美味しいもの食べてリフレッシュできました~。
アップロードファイル くるっぽー


みなさまにとってHAPPYな毎日でありますように…
すべての赤ちゃん待ちの人にかわいい赤ちゃんが授かりますように…
ポチっ…っとお願いします。 アップロードファイル
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

スレッドテーマ:不妊治療 ジャンル:結婚・家庭生活
│posted at 20:40:38│ コメント 4件トラックバック 0件
プロフィール

ぽん

Author:ぽん
旦那サマと2人暮らし 情熱ハート
  アップロードファイルアップロードファイル
東京都(郊外)在住 家
2006年11月入籍、
 2007年1月挙式 ウエディング
旦那サマの海外出張を機に、
 2007年8月末仕事を辞める。
2008年1月からベビまち♪ ハート

2008年4月
 近所の産婦人科で検査 病院
  *超音波検査*
  *血液検査*
  *子宮頚がん検査*
  *子宮頚部細胞診*
  *クラミジア*
  *卵管通気検査*
  *精液検査* … など
 →結果:問題なし

2008年5~6月タイミング指導
 → ×印
2008年7月
 はじめての AIH(人工授精)
2008年8月
 2回目のAIH(人工授精)で
  妊娠 [記号]「○」*赤(白-薄い背景用) †SbWebs†  検査薬
2008年9月
 稽留流産 うるうる
 →8w0d
   隣市の病院で、
   子宮内容物除去手術 病院
   (掻爬手術)
2008年12月~2009年7月
 同病院にて
  タイミング指導2回、AIH5回
 → ×印

2009年8月
 不妊専門病院へ転院
 →体外受精へ向けて
   カウフマン療法 開始
2009年9月
 体外受精 Short法開始
2009年10月
 採卵 ひよこ
 → 体外受精5個
 → 顕微受精6個
2009年10月
 卵巣過剰刺激症候群 !?
  により移植延期 ガーン
2009年12月
 ・はじめての胚盤胞移植
 ・判定日
  →子宮外妊娠or異常妊娠
 ・大学病院へ転院
  →即入院&手術
    腹腔鏡手術&掻爬手術

2010年1月
 ・再掻爬手術
 ・退院
 ・退院後、初診察
  →HCG値下がる
2010年2月
 治療再開
2010年3月
 ・胚盤胞移植(2回目)
 ・判定日
  →陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w1d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
  →不育症の疑い
2010年4月
 10w5d 掻爬手術
2010年6月
 ・(一般的な)不育症検査
  →問題なし
 ・大学病院での不育症検査
  →結果
  ※血液凝固異常(プロテインS抗原)
    基準値以下
2010年7月
 凍結胚移植予定→延期
2010年9月
 ・HRT-胚盤胞移植(3回目)
 ・判定日→陰性×印
2010年10月
 採卵(2回目)へ向けて
     カウフマン療法開始
2010年11月
 体外(顕微)受精へむけて
         Short法開始
2010年12月
 ・採卵 ひよこ 7個
 → 2個未成熟卵
 → 顕微受精5個
 → 胚盤胞2個凍結
 ※プロゲステロン値が高いため
   移植延期
 ・卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
  (卵巣の腫れ・腹水)
2011年1月
 HRT-胚盤胞移植(4回目)
2011年2月
 ・判定日→陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w3d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
 ・弱めの心拍確認(7w2d)
2011年3月
 ・心拍停止を確認
  (8w2d・稽留流産確定)
 ・出血(8w5d)

 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム

 
最新トラックバック
カウンター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。