スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2010.05.13(木)

子宮内容物の病理組織診断結果

こんにちは、ぽんデス アップロードファイル


昨日病院へ行ってきました。
掻爬(そうは)手術のときの子宮内容物を
病理検査してもらったので、その結果を聞くためです。


病院はそんなに混んでいませんでした。
内診もないので、診察室に呼ばれたのは早かった気がします。


:「病理検査の結果は、特に異常ないですね。異常妊娠や胞状奇胎だと、しばらく治療もお休みしなくてはならなかったけど・・・問題ないです。」


よかった~~~。
ちょっとだけ安心しました。
絨毛の染色体検査はしていません。
先生にも特に言われなかったので・・・
でもネットで調べたときに、不育症の検査項目に
流産絨毛の染色体ってあったのでちょっと気になっちゃいました。


今回の結果である「病理組織診検査報告書」のコピーをいただきました。


:「次回は不育症の検査をします。生理がきてからきてください。検査するから・・・治療はお休みしましょう。」


やっぱり~~~~。。。
そう言うと思ってたんですね、ちょっと。
この前先生に質問した時は不育症の検査も、移植も次周期にと言ってたけど。
検査と移植を同時進行なんて
たぶん。。。無理だろうなとは思っていました。


ちょっとショックだけど。。。
でもちゃんと検査してもらってからがんばりたいもん。


帰宅して、病院でもらった「病理組織診検査報告書」を読みました。
素人のぽんにはよくわかりませんが

こんなカンジに書いてありました。

【所見】
提出された検体は掻爬された子宮内容物です。
組織学的にdecidual tissue と chorionic villi から構成される
胎盤の所見です。
Arias-Stella 現象を示す内膜成分と trophoblast もみられ流産として矛盾しません。
また、villi の構造には mole を示唆する異常所見を認めません。
悪性所見は認めません。



横文字があるのでわかりにくいけど。

Arias-Stellaとは、調べてみたら
アリアス‐ステラ反応のこと。
HCGにより子宮内膜に脱落膜変化が起こることをいい、
正常妊娠、子宮外妊娠、絨毛性疾患でみられる。


「また、villi の構造には mole を示唆する異常所見を認めません。」

          
絨毛構造に奇胎を示唆する異常所見を認めません


ということなのでよかったです。


20代のころ、同じ会社&課で働いていた女性の方が
流産(胞状奇胎)したことを聞きました。
1ヵ月以上仕事をお休みして、入院&手術しました。
そのころはぽんはまだ無知だったので。
大変&辛いだろうとは思っていましたが
ちょっとした知識しかなかったのでよくわかっていなかったかもしれません。
きっと想像以上に、かなり辛い思いをしたんだろうな。
※そのあと、2人目ができて無事に出産されましたが。


自分がはじめて流産したときに、病理組織を調べてもらって。
そのときにネットで調べて、「胞状奇胎」のことを詳しく知りました。


胞状奇胎とは、胎盤や卵膜を作る絨毛(じゅうもう)細胞が異常に増殖して、
子宮内部がブドウの粒のような奇胎でいっぱいになる病気です。


この場合、奇胎の部分が残っていると悪性変化して
繊毛ガンになる確率が高いそうです。
掻爬(そうは)手術で除去しますが、
子宮内の奇胎細胞を完全に除去するために1週間くらいの期間をあけ
2~3回手術を行わなければならないそうです。


とりあえず、今回も何もなくてよかったです。
流産するだけでも辛いのに。。。
(これ以上辛いことがあったら、耐えられる自信はないです。)


あとは、きちんと生理がいつもと同じ周期にくるといいのですが。。。
また遅れそうな気もする、ぽん アップロードファイル でした。



o.*o.*・o.*o.゚*o.*o.*
みなさまにとってHAPPYな一日でありますように…
すべての赤ちゃん待ちの人にかわいい赤ちゃんが授かりますように…
ポチっ…っとお願いします。 アップロードファイル
o.*o.*・o.*o.゚*o.*o.*
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
スレッドテーマ:不妊治療 ジャンル:結婚・家庭生活
│posted at 13:18:35│ コメント 2件トラックバック 0件
2010.05.07(金)

掻爬(そうは)手術後のはじめての診察

こんにちは、ぽんデス アップロードファイル


風が吹いていて涼しいのに・・・
家の中は湿度が高いせいか
とっても蒸し蒸しして過ごしにくいですね。


さて。
連休明けの昨日、
術後はじめての診察のために病院へ行ってきました。


GW中は病院はお休みだったので
きっと混むんだろうな~なんて思っていました。
早めに病院についた方だと思うけれど。
待合室のソファや椅子はあっという間に患者さんで埋まってしまいました。


雑誌を見ながらしばらく待つと名前が呼ばれました。
最初に内診です。


:「おなかの痛みはどうですか?」


アップロードファイル :「痛みはほとんどなくなりました。」


:「出血はどうですか?」


アップロードファイル :「出血はまだ少しだけあります。」


:「わかりました。準備して診察台にお願いします。」


そうは手術から9日経ったけど
子宮内はちゃんとキレイになってるかな?
血の塊が残っていないかな?など
不安がありました。


術後はじめての内診はきちんと院長先生 がみてくれました。


:「診ますよ~。出血はもう少ないかな?」


アップロードファイル :「はい。ちょっとだけですね。」


:「大丈夫だね。」


内診は終了。はやかった~。
内診の間、ぽんはモニターをみてましたが
普通の子宮内にみえました。


診察室での院長先生 のお話。


:「以前カンジタの検査した結果がでてます。少し反応があったようだけど。今かゆみがなければ問題ないですね。」


アップロードファイル :「はい。かゆみはもうないです。」


:「子宮内はかたまりも残っていないし、特に問題ないよ。病理検査の結果は連休だったからまだでてないんで、後日結果を聞きにきてね。」


アップロードファイル :「わかりました。」


:「あとは生理がきてからだね。今日はいいかな?」


アップロードファイル :「先生、不育症の検査はいつからですか?」


:「生理がきてからだね。」


アップロードファイル :「じゃあ、移植は、生理がきて不育症の検査をしてまた次の生理がきてからでしょうか?」


:「次の生理で大丈夫ですよ。」


アップロードファイル :「わかりました、ありがとうございました。」


いつから不育症の検査をするのだろうか。
ずっと気になっていました。
診察の前日にネット検索しましたが、
流産後1回目の生理をむかえてから
不育症の検査をするのが望ましいとありました。
なので、生理がくるまえには検査はしないんだろうな~と思っていましたが。
気持ちの準備をしておきたかったし、
きちんと先生に聞いておきたかったので
聞けてよかったです。


出血もほとんどなくなってきたし
子宮内も問題ナッシング。
順調に回復しているみたいでよかった~
次の検査にむけて
がんばれそうな気持ちになってきた
ぽん アップロードファイル でした。



o.*o.*・o.*o.゚*o.*o.*
みなさまにとってHAPPYな一日でありますように…
すべての赤ちゃん待ちの人にかわいい赤ちゃんが授かりますように…
ポチっ…っとお願いします。 アップロードファイル
o.*o.*・o.*o.゚*o.*o.*
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村



スレッドテーマ:不妊治療 ジャンル:結婚・家庭生活
│posted at 11:38:04│ コメント 2件トラックバック 0件
2010.05.05(水)

術後の経過(術後4日~術後8日目まで)

こんばんは、ぽんデス アップロードファイル


今日は暑かったですね。
GWもあっという間に終わってしまいました。


術後4日目以降は
出血も徐々に少なくなってきました。
お腹(子宮)の痛みは時々だったかな?
あとおなかをよくこわしました。
なぜだろう?
腸の動きがすごく活発だった気がします。


意外と順調に体調が回復していったので
術後5日目にだんなさまと近所に散歩に行こうと
支度していました。
が。。。
支度途中に具合が悪くなってしまいました。


支度中は全然大丈夫だったのに。
急に腸の動きがとまりました。
あとよくなってきた排尿痛がひどくなっていました。
もちろん、散歩は中止となりました。


夕方まで横になっていました。
貧血みたいに顔も青白かったようです。
出血は朝からほとんどありませんでしたが
夕方また出血があり、
その中にかたまりみたいなのもありました。


だんだん具合がよくなってきたので
夕食も食べれました。
そして夕食後、生理痛がひどくなってきました。
そのあとトイレへ行くと。。。


また見たこともない大きな血のかたまりがでてきました。
※長さが5cm以上あったかもしれません。
それからは痛みが和らぎ、出血も少しになりました。
具合悪かったのは
もしかして。。。
その血のかたまりが中々外にでなかったせいなのかな?


術後6~7日目は出血もなかったり
ちょっとあったりくらいでした。
おなかをこわすくらいで体調も○。
通常生活をしても問題ナッシング。
ゆっくりですが、近所を散歩しました。
排尿痛もなくなりました。


術後8日目の今日も
ちょっとだけ出血があるだけで
体調はよくなってきました。


ご心配おかけしましたが、徐々に回復してマス。
ぽん アップロードファイル でした。



o.*o.*・o.*o.゚*o.*o.*
みなさまにとってHAPPYな毎日でありますように…
すべての赤ちゃん待ちの人にかわいい赤ちゃんが授かりますように…
ポチっ…っとお願いします。 アップロードファイル
o.*o.*・o.*o.゚*o.*o.*
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


スレッドテーマ:妊娠初期(1~4ヵ月) ジャンル:結婚・家庭生活
│posted at 20:34:13│ コメント 0件トラックバック 0件
2010.05.04(火)

術後の経過(~術後3日目まで)

こんにちは、ぽんデス アップロードファイル


GW毎日よいお天気で気持ちがいいですね~。


手術が無事に終わって
帰りの車中は元気にだんなさまと会話をしていました。
そのときはまだ点滴に入っていた痛み止めが
効いていたのでしょう。
痛みが全くなかったので安心していました。


帰宅後。。。
やっぱり痛み止めが切れたせいでしょうか。
子宮が痛みはじめて
辛くて横になっていました。
トイレに行くと出血が多くて驚きました。
ナプキンに出る量は普通なのに。
顔色も悪く、青白かったようです。


確か病院からもらった薬の中に鎮痛剤があった。
夕食後じゃないと飲めないな~。


夕食は術後具合悪くても食べられるようにと
買いだめしておいたレトルト食品にしました。
だんなさまは一人暮らしをしていたこともあるので
食事を作れないことはないのですが。
「自分で作ってもおいしくない。」と言ってほとんど作らないですね。
ぽんが料理上手(?)だから?
レトルト食品だけでは栄養がとれないので
結局ぽんが、サラダなど2品をちゃちゃっと作りました。
だんなさまがお風呂に入っている間に作ったので
ちょこっと怒られてしましたが。
「安静にしてないと、ダメでしょ!」


だって。。。
さっぱりしたもの食べたかったんらもん。


夕食後、もらった薬を飲んだら
痛みが和らいできました。
(よかった~。)


薬を飲んだせいか
手術で精神的にも疲れたせいか
その夜はおやすみ3秒でした。


夜中に大量出血しないかと心配でした。
心配であまり寝返りもうてず
同じ姿勢で寝ていたみたいで
朝起きたらちょっとからだが筋肉痛でした。


朝トイレに行くと
心配していた大量出血はなかったので安心。
ただ、トイレの最後に
今まで見たことのないものがでてきました。


なんじゃ、こりゃ??
血の束?
血のひもみたいなものが束になっていて
両端が白くどろっとしたものがついていました。


これはぷぅ~ちゃんじゃないけど。
胎盤とかのもと?なのかな?
びっくりしました。


一応だんなさまにも確認してもらいました。
だんなさまは血が苦手。
なのに、これは平気だったみたい。
それもまた驚きました。


日に日に出血は少なくなってきているけど
子宮に痛みはあります。
あと、腸が動いたりすると子宮が痛む。
時々排尿痛や排便痛もあります。
子宮が痛くてふんばることもできないので。
トイレに行くのがとってもこわいです。


そんなカンジでした。


o.*o.*・o.*o.゚*o.*o.*
みなさまにとってHAPPYなGWでありますように…
すべての赤ちゃん待ちの人にかわいい赤ちゃんが授かりますように…
ポチっ…っとお願いします。 アップロードファイル
o.*o.*・o.*o.゚*o.*o.*
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


スレッドテーマ:妊娠初期(1~4ヵ月) ジャンル:結婚・家庭生活
│posted at 14:57:07│ コメント 0件トラックバック 0件
2010.05.02(日)

掻爬(そうは)手術 当日 ~その参~

こんにちは、ぽんデス アップロードファイル


掻爬(そうは)手術 当日 ~その弐~ のつづきです。


内診か、診察室でお話か。
どっちかな~?なんて考えていたら
そのあとすぐ内診室へ呼ばれました。
やっぱり内診があるんだ。


また着替えて診察台へ。
院長先生 が超音波でみてくれました。


モニターをみつめていました。
今までみえていた黒い部分(胎嚢)は
もちろん見えませんでした。


:「無事に手術終わりましたからね。ちょっと削っただけだから、出血が多いけど問題ないからね。」


着替え内診室を出ました。
いつもは「先生のお話があるので、前でまたお待ち下さい。」と
看護師さんに言われるのですが。
それがなかったので、今日は終わりかなと思い
待合室へ戻り、トイレに行きました。
だんなさまが座って待っていました。


:「大丈夫?」


心配そうな顔をしていました。


アップロードファイル :「うん。トイレに行ってくる。」


手術後につけてもらった大き目のナプキンは歩くとズレるので
持参してきたナプキンに交換したかったので。
トイレに行きました。


どうやらトイレに入っているとき
名前を呼ばれたらしいです。


戻ると
:「呼んでるよ。」


看護師さんがぽんの名前を呼んでいました。
やっぱり院長先生のお話があったんだ。
慌てて行きました。


:「手術で最小限削ったから、4日間くらい出血は続くけど、特に問題はないですから。逆に全部出てくれないと残っても困るしね。次回の内診でちゃんと診ますから。とった組織を病理検査に出すけれど、GWに入るから、多分次回の診察時に結果はでていないと思います。」


アップロードファイル :「はい。」


:「今日からシャワーはOKですが、入浴はしないでね。あと、薬を出します。今日の夕食から毎食後に飲んでください。」


薬は3種類ありました。
①パンスポリン錠
 抗生物質、処置後の感染予防のため。
②スリノフェン錠
 消炎鎮痛剤。処置後の鎮痛、抗炎症のため。
③メテナリン錠
 子宮収縮薬、子宮内の出血を抑える作用などがある。
 内服後に軽い月経痛様の痛みが生じるかもしれないが、
 自制内なら問題なし。



そして、薬と一緒に、「処置をお受けになった方へ」という用紙をもらいました。
・ご帰宅後は安静におやすみください。
・シャワーは本日からOKです。
 入浴は1週間後、出血が完全に止まってからにしてください。
・数日間、出血や軽い腹痛がありますが心配いりません。



それと、もし何かあったときのための緊急連絡先をもらいました。


アップロードファイル :「先生、生活は通常通りでいいんでしょうか?」


:「はい、構いません。」


そ。そうなんだ。。。
病院や先生によっても違うと思いますが。
もちろん患者によっても。。。
ぽんは最小限しか削っていないから?なのかな?
とりあえず、出血や痛みがあるうちは
からだの回復のために安静にしていようかと
心の中で思いました。


診察が終わり、だんなさまの待っている待合室へ。
意外と元気なぽんをみて
ちょこっと安心したようでした。
そのときはまだ・・・
痛み止めが効いていたようなので
痛みがなかったんですね。


会計を済ませ、帰りました。
前日の夜から何も食べていなかったので
お腹がすいてて、のども渇いていて。
コンビニでちょっとした物を買ってもらいました。
帰りの車中は手術のことや、内診のこと
診察のことをだんなさまに話しました。


一日がとても長かったけれど。
無事に終わってよかったな~と思いました。


※帰宅後のことはまたあとで書きたいと思います。



o.*o.*・o.*o.゚*o.*o.*
みなさまにとってHAPPYな連休でありますように…
すべての赤ちゃん待ちの人にかわいい赤ちゃんが授かりますように…
ポチっ…っとお願いします。 アップロードファイル
o.*o.*・o.*o.゚*o.*o.*
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村






スレッドテーマ:妊娠初期(1~4ヵ月) ジャンル:結婚・家庭生活
│posted at 17:18:22│ コメント 2件トラックバック 0件
プロフィール

ぽん

Author:ぽん
旦那サマと2人暮らし 情熱ハート
  アップロードファイルアップロードファイル
東京都(郊外)在住 家
2006年11月入籍、
 2007年1月挙式 ウエディング
旦那サマの海外出張を機に、
 2007年8月末仕事を辞める。
2008年1月からベビまち♪ ハート

2008年4月
 近所の産婦人科で検査 病院
  *超音波検査*
  *血液検査*
  *子宮頚がん検査*
  *子宮頚部細胞診*
  *クラミジア*
  *卵管通気検査*
  *精液検査* … など
 →結果:問題なし

2008年5~6月タイミング指導
 → ×印
2008年7月
 はじめての AIH(人工授精)
2008年8月
 2回目のAIH(人工授精)で
  妊娠 [記号]「○」*赤(白-薄い背景用) †SbWebs†  検査薬
2008年9月
 稽留流産 うるうる
 →8w0d
   隣市の病院で、
   子宮内容物除去手術 病院
   (掻爬手術)
2008年12月~2009年7月
 同病院にて
  タイミング指導2回、AIH5回
 → ×印

2009年8月
 不妊専門病院へ転院
 →体外受精へ向けて
   カウフマン療法 開始
2009年9月
 体外受精 Short法開始
2009年10月
 採卵 ひよこ
 → 体外受精5個
 → 顕微受精6個
2009年10月
 卵巣過剰刺激症候群 !?
  により移植延期 ガーン
2009年12月
 ・はじめての胚盤胞移植
 ・判定日
  →子宮外妊娠or異常妊娠
 ・大学病院へ転院
  →即入院&手術
    腹腔鏡手術&掻爬手術

2010年1月
 ・再掻爬手術
 ・退院
 ・退院後、初診察
  →HCG値下がる
2010年2月
 治療再開
2010年3月
 ・胚盤胞移植(2回目)
 ・判定日
  →陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w1d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
  →不育症の疑い
2010年4月
 10w5d 掻爬手術
2010年6月
 ・(一般的な)不育症検査
  →問題なし
 ・大学病院での不育症検査
  →結果
  ※血液凝固異常(プロテインS抗原)
    基準値以下
2010年7月
 凍結胚移植予定→延期
2010年9月
 ・HRT-胚盤胞移植(3回目)
 ・判定日→陰性×印
2010年10月
 採卵(2回目)へ向けて
     カウフマン療法開始
2010年11月
 体外(顕微)受精へむけて
         Short法開始
2010年12月
 ・採卵 ひよこ 7個
 → 2個未成熟卵
 → 顕微受精5個
 → 胚盤胞2個凍結
 ※プロゲステロン値が高いため
   移植延期
 ・卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
  (卵巣の腫れ・腹水)
2011年1月
 HRT-胚盤胞移植(4回目)
2011年2月
 ・判定日→陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w3d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
 ・弱めの心拍確認(7w2d)
2011年3月
 ・心拍停止を確認
  (8w2d・稽留流産確定)
 ・出血(8w5d)

 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム

 
最新トラックバック
カウンター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。