スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2011.04.15(金)

☆ブログお引越しのお知らせ☆

こんにちはっ、ぽんデス アップロードファイル


お知らせです。
今までFC2でブログをさせていただいていましたが、
このたびアメーバの方へブログを引越しました。


突然かもしれませんが・・・ごめんなさぃ。
去年の陽性判定をもらったとき、
このまま無事に病院を卒業できたら・・・
ブログを引越ししようと、前々から考えていました。


今回も陽性判定をもらったものの・・・無事に卒業することはできませんでしたが。
心機一転、引っ越す決意をしました。
今までのブログを移行しましたが、コメントを移すことはできませんでした。
ぽんもすごく残念ですが。
コメントをいただいた方々、本当にごめんなさぃ。
※FC2のブログはこのまま残す予定でいます。


今まで、ブログを通じてお友達になった方々、
ブログにコメントをいただいた方々、ブログをみてくださった方々、
本当にありがとうございました。 アップロードファイル
そして、これからもよろしくお願いします。
※色々お手数おかけしますが・・・どうかよろしくお願いします。


新しいブログの方に遊びにきていただけたら嬉しいデス。 アップロードファイル
引越し先のブログは・・・コチラ

★ぽんのベビまち日記★


これからもよろしくおねがいいたします。
アップロードファイル アップロードファイル アップロードファイル アップロードファイル アップロードファイル アップロードファイル アップロードファイル


みなさまにとってHAPPYな毎日でありますように…
すべての赤ちゃん待ちの人にかわいい赤ちゃんが授かりますように…
ポチっ…っとお願いします。 アップロードファイル
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
スレッドテーマ:不妊治療 ジャンル:結婚・家庭生活
│posted at 09:26:38│ コメント 0件トラックバック 0件
2011.04.13(水)

3回目のHCGの結果・・・

こんにちはっ、ぽんデス アップロードファイル


前回の診察からまた10日後、採血のため、病院へ行ってきました。
前回同様に、順調にホルモン値(HCG値)が下がっていますように・・・。
そう願ってました。


だんなさま は「大丈夫、きっと下がっているよ。」と軽く言ってましたが。
もしかしたら。
自分自身のなかで、予感はあったのかもしれない。
流産後、下がろうとしていた体重が、また増えてきている。
これってホルモンがまだ正常の状態じゃない。
HCGが戻ってないのかな~。。。って。



今回の採血は、血をとめるためのゴムがめちゃ痛かった。。
しかも、左腕に針を刺しておいて・・・やっぱり右腕にと変更されました。
最初に両腕の血管を見せたのに・・・。


またまたゴムがきつすぎて、痛かった。
あと止めるところに肉をはさまれ
かなり痛かったけれど・・・言えませんでした。。。



結果は30分もかからず、出ました。


:「大丈夫だと思うけど・・・採血の結果、173でちょっと上がっているんだよね。」

:「上がってるんですか???」

びっくりデス。。
でも。やっぱりという気持ちもちょっとありました。


ちなみに、前回のHCG値は154でした。

:「今日超音波で診てみましょう。それから1週間後また採血する予定なので来てください。」

やっぱり、かなりのショックでした。

内診室へ移動し、準備してモニターを見ていました。

:「血のかたまりがあるね~。外に出るように子宮収縮剤を出しますから、今日から飲んでください。」

モニターに、小さい黒い画像が見えました。
子宮も、元に戻ってない大きさに見えました。

また診察室で、院長先生 の話を聞きました。

:「薬あとで渡すから。早速今日の昼食後から飲んでください。」

せっかくぴぃちゃんが自然にでてきてくれたのに・・・
手術は嫌だし・・・先生に確認の意味で聞きました。

:「薬を飲めば(血のかたまりが)外に出るんですか?」

:「はい。(出ます。)」

:「わかりました。」

とりあえず薬を飲もう。
飲んで、出なかったら・・・またそのときに考えればいい。
色々考え過ぎるとツラくって。
そんな気持の余裕もないよ~。。


帰りに薬をもらって帰りました。
毎食後、3日分ありました。


「メテナリン(メチルエルゴメトリン0.125mg)」という子宮収縮剤でした。
ネットでちょっと調べてみました。

子宮の筋肉を収縮させ、子宮が元どおりになるのを助けるそうです。
また、子宮出血をおさえる働きもするそう。
出産後で子宮の回復が遅いとき、
あるいは流産や人工妊娠中絶のあとに用いる薬とありました。


この薬を飲むことによって、
残っている組織がきちんと外にでてきてくれるといいな。。。


病院をでて、 に一応報告の電話を入れておきました。
やっぱり驚いていました。。


「先生が薬を飲んだら出るっていうんだから、大丈夫だよ。。」


そう言われたらそんな気がしてきました。


このとき、週数でいうと、12w3dにまでなっていました。
出血してぴぃちゃんが外にでてから、25日経過していました。


もし手術していたら、10w過ぎでしていたと思います。
確かに手術していたらからだはつらくても、気持ちはラクになっていたかもしれない。
からだのために自然に外に出ることを待ったことは後悔していませんが。
こんな状況になることなんて全く考えていなかったし。
ここまでつらいとは思っていませんでした。
まだ妊娠ホルモンがあるせいか、正直気持ちが不安定で。
つらくてたまりませんでした。



ぴぃちゃんがせっかく自ら出てきてくれたんだもん。
これは待つしかないなって。
あまり考えず、待とうと思いました。
今そのときのことを考えると・・・
ちょっとムリしていたのかなって思います。
ムリに元気になろうとしていたのかも。。。
それがのちに・・・一気に爆発?することになりましたが。


次の診察まで、1週間。
1日が長く感じました。

みなさまにとってHAPPYな毎日でありますように…
すべての赤ちゃん待ちの人にかわいい赤ちゃんが授かりますように…
ポチっ…っとお願いします。 アップロードファイル
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


スレッドテーマ:不妊治療 ジャンル:結婚・家庭生活
│posted at 15:23:32│ コメント 2件トラックバック 0件
2011.04.11(月)

2回目のHCGの結果。

こんにちはっ、ぽんデス アップロードファイル


ブログの更新が滞ってしまってごめんなさぃ。
だんなさまの身内に不幸があり、しばらく関西の方へ行っていたため、
更新できませんでした。

そのときのことはまた詳しく書きたいと思っていますが。
この週末で、自分の気持ちがまだ不安定だったんだと気がつきました。
自分で大丈夫・・・って信じ込もうとしていた部分があったみたいで。
無理していたのかも・・・と思いました。
また後日詳しく書きたいと思います。


さて。今回は。
前回の診察から、10日後、病院へ行ったときのことを書きます。


まずはじめに・・・採血がありました。
今日もホルモンの検査(HCG値)をするそうです。
HCG値が、どうか下がっていますように・・・。


採血は、かなり痛かったデス。
針が入るのも痛かったし。
血が採られてる最中も痛みがありました。
アザになってしまって、5日くらい中々消えませんでした。


結果がでたようで、30分後に診察室へ呼ばれました。

:「採血の結果、HCG値は154でした。3桁まで下がってきてるから、大丈夫だろうけど。まだ絨毛が残っていたら困るから、また10日後に検査しましょう。1桁になっていれば問題ないと思います。」


とりあえず、よかった~~~。
このときは素直にそう思ったんですが・・・。


で。急に院長先生 から提案が。。

:「次(の移植)から、アスピリン飲みましょう。」

:「へ???」

自分の耳を疑いました。
先生が意見を変えるなんて珍しいかも。。

:「ぽんさんは、不育症は関係ないかもしれない。でも、飲んでおけば安心できる。不育症の治療方法は、薬を飲む・・・しかないんです。飲んでおけば(もしものことを考えて?)、網羅できるってことですしね。」

もう一度確認しました。

:「飲んだ方がいいんですか?」

:「はい。」

:「わかりました。」

ぽんは基本、先生を信頼しているので、
先生が飲めとおっしゃるなら・・・飲みます。
きっと、先生色々考えてくれて、その結果だと思うんですね。
だから・・・ついてゆきます。。

:「次、がんばりましょう。」

:「お願いします。」


お家に帰ってから。
夜、だんなさま にも一応報告しました。
も、先生が飲めと言うなら従おう・・・そんな感じでした。


薬を飲むことになったから・・・
出産するときは、きっと大きな病院の方がいいはず。
里帰り出産はムリ・・・だね。


先生の「がんばりましょう。」で、またがんばろうって気持ちが湧いてきました。
そのときは。。。
このままHCG値が下がっていれば・・・
気持ちが不安定になることなんて、なかったのかもしれないのにな。。。


みなさまにとってHAPPYな毎日でありますように…
すべての赤ちゃん待ちの人にかわいい赤ちゃんが授かりますように…
ポチっ…っとお願いします。 アップロードファイル
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


スレッドテーマ:不妊治療 ジャンル:結婚・家庭生活
│posted at 14:44:48│ コメント 4件トラックバック 0件
2011.04.06(水)

出血から4日後の診察。

こんばんはっ、ぽんデス アップロードファイル


ぴぃちゃんが自然に外に出てきてから、4日後。
予定通り、診察のため病院へ行きました。


相変わらず出血は続いていましたが、
量は少しずつ減っていたと思います。
ただ子宮の痛みは時々ありました。


内診室へ。
看護師さんに出血やおなかの痛みがないかなど、聞かれました。
胎嚢らしきものが外にでたこと、出血は続いていること、
おなかに痛みがあることを伝えました。


今回の内診は女医さんでした。


:「超音波で診ますね。」


モニターには胎嚢らしき黒い丸はありませんでした。


:「胎嚢はみえませんね。」


結果を、院長先生 に確認するため
そのままの状態で待ちました。


着替えていいとの指示がでたので、着替えました。
このあと、採血があると言われました。


看護師さんに別室に案内されました。
カルテには「HCG」と記載されていました。
HCG値を検査するんだな。


採血して、結果が出るのに30~40分かかると言われました。
HCGが下がっていますようにと祈りながら待ちました。


結果がでて、診察室へ。


:「採血の結果、HCG値は1600ちょっとですね。少し下がってきてるね。絨毛が残っていたらいけないから、また10日後に検査しましょう。そのとき0になっていれば問題ないと思います。」


万が一、絨毛が残っていたら手術になるのかな?
そこまでは聞かなかったけど。
きっと下がってきているから、大丈夫。
自分に言いきかせました。


この日は先生に色々聞きたいことがあったので、
勇気を出して・・・質問しました。


Q1:私みたいに不育症関係なく、流産を繰り返す人は他にもいるのか。

A:「います。受精卵の問題・・・ですね。繰り返して(移植を)していくしかない。」
  (「います。」即答でした。)

自分が特別おかしいわけじゃないんだな・・・と思えたらちょっとラクになりました。


Q2:去年紹介してもらった大学病院で不育症の検査を一通りした。
   1つだけ血液凝固系の検査が基準値から少しだけはずれたが、
   次回移植するとき低量アスピリンを飲んだほうがいいのだろうか。


A:「飲んでもいいが・・・気休めだけかもしれません。」

以前、先生が話していた内容と同じでした。
血液をサラサラにするから・・・処方する方も慎重なんだと思います。
※ただ、これが・・・後日違う展開になりました。
 これはまた別のときに話しますね。


Q3:もし、次回のHCG値の結果がOKならば、次の移植は1周期あけた方がいいか。


A:「そうだね。妊娠していてホルモンもまだ戻っていないし、子宮も休ませた方がいいから。1周期あけましょう。」


聞きたいこと、全て聞けたので気持ちがちょっとラクになりました。
帰りに、依頼しておいた助成金の証明書を受け取ることができました。
2011年度の申請に間に合いました。


ちょっとずつ、気持ちも↑になってきつつも。
心に穴がぽっかりあいたカンジがします。
小さなこをみると・・・ぴぃちゃんのことを考えてしまいます。
でも。
ぴぃちゃんのためにも・・・自分が前向きにならなくっちゃ・・・と
そう思う、今日この頃デス。
読んでくださってありがとうございます。

被災地の方々の不安が少しでも和らぎますように。
これ以上、原発の被害が大きくならず、みんなに安心した生活が戻りますように…。


みなさまにとってHAPPYな毎日でありますように…
すべての赤ちゃん待ちの人にかわいい赤ちゃんが授かりますように…
ポチっ…っとお願いします。 アップロードファイル
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


スレッドテーマ:不妊治療 ジャンル:結婚・家庭生活
│posted at 19:43:58│ コメント 2件トラックバック 0件
2011.04.04(月)

出血・・・

こんにちはっ、ぽんデス アップロードファイル


稽留流産確定後のおはなしデス。
※気分を↓したくない方は、スルーしてくださいね。


心拍がとまっていることがわかった日の翌日から。
また鮮血がありました。
そして生理痛の強い痛みもありました。


ぴぃちゃんが外に出ようとしているのかな。
トイレに行くたびに、緊張感がありました。
診察日の翌日の夜、鮮血と小さな塊が少し出ました。


診察日から2日後の朝、また鮮血。
ぴぃちゃん、いつでも出てきていいからね。。。
もう、覚悟はできている。


生活は普段どおり。
その日の夜、珍しくだんなさま が早めに帰ってきたので
一緒に夕食を食べているときでした。


ナプキンに多量に出血しているのがわかりました。
おなかに痛みもありました。
こまめにナプキンを替えようとトイレに行きました。
便器も真っ赤に染まるほど・・・でした。
胎嚢がでてきた様子は、まだありませんでした。


戻って、食事の続き。
そのあとも、ナプキンに多量に出血していました。
おなかが痛くて辛かった。。
にガマンしないで、薬を飲むよう勧められました。
以前病院でもらった鎮痛剤があったので、それを飲みました。
そのすぐあとだったかな。


何かが?・・・でる予感がしました。
慌ててトイレに行きました。
そのとき・・・ボトボトッと何がが出ました。
今までの出血とは違い、何か塊が出たので
すぐにそれが胎嚢だということがわかりました。


自然にでてきてくれたぴぃちゃん。。
しかも薬を飲んだあとだったので、あまり痛みを感じませんでした。
なんて親孝行なんだろう。。。
しかも、珍しく が早めに帰ってきたこの日を選んで出てきてくれた。。。
なんていい子なんだろう。。。
塊を見たとき、涙が出ました。
ぴぃちゃん、ごめんね。ありがとうね。。。
傍からみれば、見れるものじゃないかもしれませんが。
でも、ぽんには愛おしく見えました。


一応、だんなさま を呼び、確認のため見せました。
どうするか相談しました。
他の方のブログで、外に出たものは検査に出すから、とっておく・・・
と見たことがあったので、どうするか相談。。
念のため、とっておくことにしました。


※翌朝、念のため、主治医 にメールで質問したところ。。
胎嚢はもってこなくていいそぅ。。
病院へも予定通りの日に来てくださいとの回答をいただきました。


やっぱり。。。


多量の出血はその日の夜だけでした。
翌日からは量は減りましたが、鮮血の出血はしばらく続きました。


ぴぃちゃん、本当にありがとう。。。
ぴぃちゃんを見たら、涙があふれてきました。
産んであげられなくて・・・ごめんね。。。

被災地の方々の不安が少しでも和らぎますように。
これ以上、地震と原発の被害が大きくなりませんように…。


みなさまにとってHAPPYな毎日でありますように…
すべての赤ちゃん待ちの人にかわいい赤ちゃんが授かりますように…
ポチっ…っとお願いします。 アップロードファイル
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


スレッドテーマ:不妊治療 ジャンル:結婚・家庭生活
│posted at 13:49:56│ コメント 6件トラックバック 0件
プロフィール

ぽん

Author:ぽん
旦那サマと2人暮らし 情熱ハート
  アップロードファイルアップロードファイル
東京都(郊外)在住 家
2006年11月入籍、
 2007年1月挙式 ウエディング
旦那サマの海外出張を機に、
 2007年8月末仕事を辞める。
2008年1月からベビまち♪ ハート

2008年4月
 近所の産婦人科で検査 病院
  *超音波検査*
  *血液検査*
  *子宮頚がん検査*
  *子宮頚部細胞診*
  *クラミジア*
  *卵管通気検査*
  *精液検査* … など
 →結果:問題なし

2008年5~6月タイミング指導
 → ×印
2008年7月
 はじめての AIH(人工授精)
2008年8月
 2回目のAIH(人工授精)で
  妊娠 [記号]「○」*赤(白-薄い背景用) †SbWebs†  検査薬
2008年9月
 稽留流産 うるうる
 →8w0d
   隣市の病院で、
   子宮内容物除去手術 病院
   (掻爬手術)
2008年12月~2009年7月
 同病院にて
  タイミング指導2回、AIH5回
 → ×印

2009年8月
 不妊専門病院へ転院
 →体外受精へ向けて
   カウフマン療法 開始
2009年9月
 体外受精 Short法開始
2009年10月
 採卵 ひよこ
 → 体外受精5個
 → 顕微受精6個
2009年10月
 卵巣過剰刺激症候群 !?
  により移植延期 ガーン
2009年12月
 ・はじめての胚盤胞移植
 ・判定日
  →子宮外妊娠or異常妊娠
 ・大学病院へ転院
  →即入院&手術
    腹腔鏡手術&掻爬手術

2010年1月
 ・再掻爬手術
 ・退院
 ・退院後、初診察
  →HCG値下がる
2010年2月
 治療再開
2010年3月
 ・胚盤胞移植(2回目)
 ・判定日
  →陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w1d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
  →不育症の疑い
2010年4月
 10w5d 掻爬手術
2010年6月
 ・(一般的な)不育症検査
  →問題なし
 ・大学病院での不育症検査
  →結果
  ※血液凝固異常(プロテインS抗原)
    基準値以下
2010年7月
 凍結胚移植予定→延期
2010年9月
 ・HRT-胚盤胞移植(3回目)
 ・判定日→陰性×印
2010年10月
 採卵(2回目)へ向けて
     カウフマン療法開始
2010年11月
 体外(顕微)受精へむけて
         Short法開始
2010年12月
 ・採卵 ひよこ 7個
 → 2個未成熟卵
 → 顕微受精5個
 → 胚盤胞2個凍結
 ※プロゲステロン値が高いため
   移植延期
 ・卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
  (卵巣の腫れ・腹水)
2011年1月
 HRT-胚盤胞移植(4回目)
2011年2月
 ・判定日→陽性 検査薬
 ・胎嚢確認(5w3d)
 ・心拍確認できず
  (6w2d・稽留流産)
 ・弱めの心拍確認(7w2d)
2011年3月
 ・心拍停止を確認
  (8w2d・稽留流産確定)
 ・出血(8w5d)

 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム

 
最新トラックバック
カウンター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。